Iscriviti adesso

Sawako Shirahase

Vicepresidente per le finanze

Consiglio internazionale della scienza

Coinvolgimento presso l'ISC

  • Vicepresidente dell'ISC per le finanze (2022-2024)
  • Fellow della Fondazione ISC (giugno 2022)
  • Presidente del Comitato permanente per le finanze dell'ISC (2022-2025)
  • Ex membro del Comitato per la libertà e la responsabilità nella scienza dell'ISC (2019-2021)

sfondo

Sawako Shirahase è professore di sociologia presso la Graduate School of Humanities and Sociology dell'Università di Tokyo. Ha conseguito il D.Phil in sociologia presso l'Università di Oxford nel 1997 ed è entrata a far parte dell'Università di Tokyo nel 2006. È diventata professoressa presso il Dipartimento di Sociologia nel 2010. È stata vicepresidente dell'Università di Tokyo nel 2018 ed è stata vicepresidente esecutivo per gli affari internazionali dell'università dal 2019 al 2021. Attualmente è direttrice del Centro per gli studi contemporanei giapponesi dell'Università di Tokyo, che ha fondato nel 2020 per promuovere il networking e la collaborazione accademici globali, in particolare per i primi anni di carriera ricercatori e studenti.

I suoi principali temi di ricerca includono la stratificazione sociale e la disuguaglianza, la trasformazione demografica, il genere e la famiglia e i sistemi di sicurezza sociale in prospettive transnazionali. Attualmente sta lavorando su come costruire un futuro inclusivo, concentrandosi sul ruolo dei trasferimenti pubblici e privati ​​nel fornire sicurezza dei mezzi di sussistenza nel quadro della teoria comparata del welfare state. Ha condotto diversi progetti di ricerca ampi e longitudinali come ricercatrice principale e ha pubblicato diversi libri e articoli su questi temi.

Shirahase è membro del Committee for Freedom and Responsibility in Science (CFRS) dell'International Science Council da luglio 2019. È vicepresidente per le finanze e membro dell'ISC Member, il Associazione Sociologica Internazionale ISC (2018-2022) e membro del consiglio di amministrazione della Japan Society of Family Sociology.


白波瀬佐和子は、東京大学大学院人文社会学研究科社会学教授である。彼女は1997年にオックスフォード大学で社会学の博士号を取得した。2006 年から東京大学に着任し、2010年に同研究科・教授(社会学)になりました。2018 年に東京大学の国際担当副学長を務め、2019年から2021年まで国際担当理事·副学長を務めました。現在、東京大学現代日本研究センター(TCJS)所長を務めている。同センターは、日本に関連した社会科学的アプローチ研究を中心に人文学を含む日本に関する研究を比較の観点からも支援し、国外に発信することを主な目的とする。特に、若手研究者育成も重要な本センターの重要な柱としており、グローバルな学術ネットワークとの連携促進を目的に、2020 年に設立されました。

白波瀬 氏 の 主 な 研究 トピック に は 、 社会 階層 と 不平等 人口 転換 転換 、 ジェンダー と 家族 、 そして 社会 保障 制度 を 含む 福祉 国家 国際 比較 研究 、 である である。 現在 、 比較 福祉 国家 理論 の 枠組み も も 活用 活用て 、 公 的 ・/私 的 移転 の 程度 や パタ パタ ― ン に 着目 し て 、 、 包摂 社会 の 実現 に に 向け た 政策 に 取り組ん で いる。 さらに 、 白波 白波 瀬 は 主任 研究 者 と し て いくつ の 大 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 規模 大 大 大 大 大 大 大 大 大 の の の の の の の の の 大 大 の の tivamente研究プロジェクトを企画・運営し、それらの成果として書籍や論文を刊行している。

白波瀬 氏 は 、 2018 年 から 4 年 間 、 国際 社会 学会 副 会長 を 務め 、 2021 年 以来 、 国際 学術 会議 の 財務 担当 副 会長 である


Questa pagina è stata aggiornata a maggio 2024.

Salta al contenuto