監視パネル

COVID-19アウトカムシナリオプロジェクトの開発において、ISCはWHOとUNDRRの両方と協議し、関連分野の世界的専門家を含む学際的な監視パネルを設立し、技術チームと協力して報告書を作成しました。

監視パネル

サリムアブドゥルカリム教授

(南アフリカ、ISC副社長)

ジェフリー・ボールトン教授

(英国、ISC理事会メンバー)

エリザベスジェリン教授

(アルゼンチン)

Chor PharnLee氏

(シンガポール)

ピーター・ピオット教授

(英国、ベルギー)

ルチア・ライシュ教授

(デンマーク)

アンジャナシン教授

(ネパール)

デビッド・スケッグ卿

(ニュージーランド)

ChristianeWoopen教授

(ドイツ)

イアン・ゴールディン

オブザーバー

水鳥真美さん

国連事務総長特別事務総長特別代表

SoumyaSwaminathan博士

WHOチーフサイエンティスト


ISC事務局

マチュー・デニス

CEO兼サイエンスディレクター代理

アリソンメストン

コミュニケーションディレクター

デビッド・カプラン

シニアリサーチスペシャリスト

ニックイシュマエル-パーキンス

上級コンサルタント

ジェームズ・ワデルの写真

ジェームズ・ワデル

ジュニアコミュニケーションオフィサー


謝辞

イネスハッサン

プロジェクトリーダー
フェーズI

アン・バーズリー

プロジェクトリーダー
フェーズII

サラ・タロン・サンピエリ

コンサルタント

RainaKlüppelberg

コンサルタント


ヘッダー写真 マヌエルペリスティラド on Unsplash.

シェア:

コンテンツにスキップ