ユーザー登録

アクティビティ

下へスクロール
ISCアジア太平洋地域連絡窓口は2028年まで活動し、地域特有のニーズと優先事項が世界的な科学的対話に確実に組み入れられることを目指しています。

戦略計画

この報告書は、南アジア、東アジア、東南アジア、オセアニアの国々を含む地域内外で科学の声を増幅するというRFPの使命を実現するための戦略を概説しています。

ISC RFP-AP は、そのプログラムと活動を次のようなものと連携させます。 ISC 規程、戦略計画とテーマ 科学を解き放つ および 科学モデルを反転する 報告します。地域フォーカルポイントは、地域の優先順位とニーズに合わせた 2 つの主力プログラムを実施します。1 つはアジアに焦点を当て、もう 1 つは太平洋に焦点を当てます。

持続可能性の目標を達成するために「科学の声をより良く統合し、高める方法」の重要性を強調する追加の活動が計画される予定です。プログラムと活動は、知識の創出、能力開発、科学コミュニケーションと翻訳の 3 つの柱を中心に開発されます。


太平洋科学アカデミー

太平洋地域の科学と学問を支援し、十分な支援を受けていない地域の新しい科学アカデミーを支援する必要性を認識し、ISC と地域連絡窓口は、太平洋地域の学者、資金提供者、意思決定者との地域協議を通じてプロセスを開始するための初期資金と支援を獲得しました。

イベントの成功とパシフィックアカデミーへの圧倒的な支援を受けて、ISC はアカデミー設立に向けた取り組みを支援し続けました。

アジア太平洋アカデミックメンタリングプログラム

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する ISC アジア太平洋地域担当窓口 地域内の発展途上国の若手科学者が将来の学術界のリーダーとなるよう指導するために、若手研究者と上級科学指導者を結び付けるメンタリング プログラムを促進しています。

メンタリング プログラムの第一ラウンドは 2024 年 XNUMX 月に開始され、XNUMX 年間実行されます。今後のプログラムでは、アジアの後発開発途上国からのメンティーも対象に拡大される予定です。

コンテンツにスキップ