ユーザー登録

児童漫画シリーズが太陽地球物理学を紹介します

SCOSTEPプログラムは、日本の漫画をいくつかの言語にもたらします。

太陽地球物理学科学委員会(SCOSTEP)によると、漫画本は、太陽地球物理学のいくつかのトピックを一般の人々、特に若者に紹介するように設計されています。 

このシリーズには現在XNUMX冊の本があり、それぞれが異なるトピックについて読者を教育することを目的としています。 トピックには、地球温暖化、太陽風、宇宙線、オゾンホールなどが含まれます。

スコステップ ISCのテーマ別ボディです。 それは、国際的な学際的な科学プログラムを実行し、国際的な協力と得られた科学的知識の普及に必要な科学的枠組みを提供することにより、太陽地球物理学研究を促進します。

SCOSTEPの科学秘書であるPatriciaDohertyによると、コミックは若い読者の好奇心を刺激し、非科学的背景を持つ人々の意識を高めることを目的としています。 コミックはユーモラスなキャラクターが登場し、科学的なテーマをわかりやすく説明しています。  

「あらゆるバックグラウンドの子供たちがこれらの漫画を楽しんで学ぶことができます。 彼らはキャラクターと同一視し、理解できる方法で宇宙物理学への旅を楽しむことができます。 これらの本には多くの科学用語が含まれているため、語彙を増やし、複雑なトピックに興奮をもたらすことができます。 コミックは多くの学年レベルで、そして一般の人々に適しています。」 

–パトリシアドハティ

コミックシリーズは、もともと名古屋大学太陽地球エネルギー研究所の上出洋介教授が、SCOSTEPの太陽地球システムの気候と天気(CAWSES)プログラムと共同で作成したものです。 それ以来、それらは英語とフランス語に翻訳されており、いくつかはチェコ語、ドイツ語、ヒンディー語、イタリア語、韓国語、ロシア語、スペイン語、タミル語、ウルドゥー語で利用できます。 SCOSTEPは、本をポルトガル語、アラビア語、ポーランド語、ハンガリー語、ブルガリア語、ノルウェー語、ベンガル語にも翻訳することを目的としています。   

コミックのオンライン版は無料でダウンロードできます (茶事の話はこちらをチェック)

コンテンツにスキップ