ユーザー登録

CODATAとISCは、世界計量記念日にデジタル時代の計測を祝う

世界計量記念日の機会に、ISCのデータ委員会(CODATA)の常務理事であるSimon Hodsonが、デジタル時代の単位と量の表現に対するISCとCODATAの貢献について話し合います。

今日、20月XNUMX日は 世界計量記念日、署名の毎年恒例のお祝い メートル条約 20年1875月XNUMX日、測定の科学とその産業、商業、社会的応用における世界的な協力の枠組みを設定した条約。 国際単位系(SI).

今年のテーマは デジタル時代の計測学、の貢献について議論する機会を提供するトピック コデータ、データ委員会として 国際学術会議(ISC)、測定の科学と私たちとの長年のコラボレーションに 国際度量衡局(BIPM)、メートル条約によって設立され、国際単位系(SI)と国際基準世界時(UTC)の本拠地である組織。 アン 2021年XNUMX月に署名された覚書は、多くの分野でCODATAとBIPMの間の継続的なパートナーシップを認識しています。

基本定数とSI

  基本定数に関するCODATAタスクグループ の推奨値を提供しています 基本的な物理定数 1969年以来、この作業は世界中の計測機関から提供されたデータに基づいており、BIPMは長年にわたってタスクグループの会議と文書化を主催してきました。 20年2019月XNUMX日(世界計量記念日)以降、XNUMXつのSI基本単位すべての定義定数の値は、対応する基本定数のCODATA推奨値から導出されます。

測定単位のデジタル表現

定量的データが公正であるためには、(少なくとも)測定量と測定値が表現される単位の明確な定義が必要であり、これらの定義が人間と機械の両方で実行可能である必要があります。 これを認識して、 測定単位(DRUM)のデジタル表現に関するCODATAタスクグループ 特にISCのメンバーであるInternationalScientificUnions and Associationsを通じて科学コミュニティと関わり、デジタルユニット表現の理解と実装を強化しようとしています。 この目的のために、DRUMは各組合または協会に 大使 イニシアチブに従事する。

データの浪費をやめる:測定単位を機械可読にする

以前のマニフェストに基づいて、 「人間と機械の測定単位」、DRUM TG( CIPMのデジタルSIタスクグループ)最近、Natureにコメント記事を公開しました: 「データの浪費をやめる:測定単位を機械可読にする」 ユニットのドキュメントの欠如または一貫性の欠如によって引き起こされる広範な課題のいくつかについて説明します。 FAIRに関する現在の活動は、データ内のユニットの一貫した機械可読な記述の基本的な問題にも対処しない限り、成功することはできません。

この記事では、グローバルな現在の活動の概要、DRUMおよびデジタルSIエキスパートグループの役割について説明します。 これには、機械可読な量と測定単位を使用して相互運用可能なデータを作成するための「アクションの呼び出し」が含まれています。

CODATAとDRUMは、BIPMのオンラインワークショップの主要な貢献者でした 「FAIRデジタルデータの国際単位系(SI)」 2021年XNUMX月に開催されました。とりわけ、このフォーラムでは、「「デジタルSI」フレームワーク」の必要性と潜在的な特性について調査しました。 ワークショップの結果は 国際的な科学および品質インフラストラクチャにおけるデジタルトランスフォーメーションに関する共同意向表明、BIPM、ISC、CODATA、国際法定計量機関(OIML)、および国際測定連合(IMEKO)によって合意されました。 この声明は、より広範なデジタル変革の一環としてのSIデジタルフレームワークの開発、実装、および推進に対する組織のサポートを表しています。

SciDataConとBIPMでのユニットサミット

このコラボレーションの次のステップは ユニットサミット@SciDataConおよびBIPM。 DRUM TGとBIPMは、BIPMでの会議およびSciDataCon 2022(XNUMXつの会議のXNUMXつである 国際データウィーク)20月23〜XNUMX日。 

「ユニットサミット」は、SciDataConでのXNUMXつのセッションから始まります。

  1. 20月02日30:04–00:XNUMX UTC: 相互運用可能な測定単位:国際的な開発、DRUMTGの議長であるロバートハニッシュ博士が主催
  2. 21月00日30:02–00:XNUMX UTC: デジタル単位表現システムとそのインフラストラクチャでの使用、DRUMTGの秘書であるDr.StuartChalkが主催

「ユニットサミット」のSciDataConレグに参加したい同僚は、登録してください。 国際データウィーク。 セッションは記録され、IDW2022会議システムからアクセスできます(ただし、会議後XNUMX週間は公開されません)。したがって、これらのセッションのXNUMXつがタイムゾーンに合わない場合は、で記録を見て都合のよいときに「参加」できます。会議システム。

次に、DRUM TGとBIPMは、21月13日00:15〜00:XNUMX UTCに「ユニットサミット要約会議」を開催し、SciDataConセッションについて同僚に説明し、BIPMおよび計測学コミュニティの同僚とその影響について話し合います。 「ユニットサミット要約会議」への参加を希望する同僚は、 こちらから登録してください.

最後に、22月07日00:08–30:XNUMX UTCに、BIPMは、BIPMのスーザンピカード、ジャネットマイル、マーティンミルトンが主催するウェビナー「相互運用可能な計測に向けた開発」を主催します。 登録はこちら!

召喚状!

DRUMとそのパートナーは、召喚状をどのように進めますか? 重要な活動はたくさんあります。 DRUMのメンバーは、基本定数のCODATA推奨値の機械可読バージョンを準備しています。これは広く有用である可能性があります。 DRUMは、SIDigitalFrameworkとUniversalMetrologyData Modelを追跡し、貢献していきます。 ユニットインフラストラクチャの調整と調整に関する推奨事項は次のとおりです。 

とりわけ、DRUM TGは、パートナーと協力して、 「データの浪費をやめる:測定単位を機械可読にする」 科学コミュニティ、インフラストラクチャ開発者、データスチュワード、資金提供者との関わりを継続します。 XNUMX番目のユニットサミットは、実装に焦点を当てて計画されています:デジタルのFAIR SIに関連する科学データの表現に関して、必要なサービス、機能、データモデルは何ですか?


https://www.bipm.org/utils/en/pdf/si-revised-brochure/Draft-SI-Brochure-2018.pdf(31年2018月XNUMX日アクセス)から複製されたXNUMXつの基本単位テーブル。

* Hanisch et al。、「データの浪費をやめる:測定単位を機械可読にする」、 自然 605, 222-224 (2022): https://doi.org/10.1038/d41586-022-01233-w


による画像 ダイアナ・ポレキナ on Unsplash

コンテンツにスキップ