ユーザー登録

人間中心の開発は、自然のシステムの保護と回復に焦点を当てる必要があります

Joshua Farleyは、本質的なニーズの定義がどのように、そしてそれらがどのように満たされるかが文化的に固有であり、市場メカニズムが人間開発の中心となる特定のニーズを満たすには不十分である可能性があることを振り返ります。

人間中心の開発コンセプトの中核は何だと思いますか?

人間は地球の生態系の不可欠な部分であり、自然の一部であると私は本当に信じているので、「人間中心」について話す方法には注意する必要があります。 それを人間中心のアプローチと呼ぶことは、健康に対して「心臓中心の」アプローチを取ることに似ています。それは、システムのXNUMXつの小さなコンポーネントにすぎません。 単に物質的なものの蓄積とは対照的に、人間の幸福について考えるという点では、私はそれを心から承認しますが、私たちと他のすべての種が絶対に他のすべての種の生態系を無視する人間中心の焦点について深く懸念しています私たちの生存のために依存します。 たとえば、私は生態系エコノミストであり、私の分野では、多くの人々が自然が人々に提供する利益の観点から生態系サービスについて話します。 それは重要だと思いますが、科学者が正しければ、私たちは複数の惑星の境界を超えており、壊滅的な結果を招くリスクがあることも認識しなければならないと思います。 つまり、私たちが文明の種として繁栄し続けたいのであれば、手遅れになる前に私たちが受けた被害の回復に焦点を合わせ始める必要があるということです。 被害が不可逆になる前に行動する機会は限られています。 私たちが本当に必要としているのは、自然が私たちのために何をするかを考えるのではなく、人間社会が自然のために何ができるかを考え始める社会です。 私たちは生き残るために自然のシステムに依存しているので、純粋に人間中心の開発でさえ、自然のシステムの保護と回復に焦点を当てる必要がありますが、人間の側面を強調しすぎると、私たちが全体のほんの一部にすぎないことを忘れてしまいます。

その考えに関連して、今日の人間の発達に対する主な課題または障害は何だと思いますか?

そのうちのXNUMXつは、人間が自分自身を自然とは別のものであり、自然にまったく依存していないと見なしているという考えです。 特にエコノミストはそれについて非常に明確です。私たちは、自然が土地と原材料を含む生産のXNUMXつの要素として、自然、資本、労働について話していました。 しかし徐々に、XNUMX年前、経済学者たちは自然は本当に必要ではなく、労働と資本は自然の完全な代替物であると判断しました。 これは、何もないところから何かを作ることはできないという基本的な物理法則と矛盾します。 自然は経済的生産に必要なすべての原材料を提供し、私たちが生成するすべての廃棄物の唯一の受取人です。 エコノミストは最初に生産関数から自然を捨て、今では金融資本にますます焦点を合わせています。 この速度では、エコノミストは生産関数からも労働力を落とす可能性があります。

私が人間開発をどのように定義するかという点でのもうXNUMXつの大きな障害は、私たちが最も社会的な種のXNUMXつであるという事実に関連しています。つまり、人間は社会や文化から離れて生き残ることができません。 たとえば、持続可能な方法でトイレに行くという私たちの最も基本的な機能でさえ、私たちの下水システム、トイレを開発するために何千年にもわたって何百万もの人々によって生み出されたこの信じられないほどの知識の蓄積を必要とします。 人間開発では、個人の自由とニーズに重点が置かれることがよくありますが、私たちは巨大な社会の一部であり、それなしでは生き残れない文化であり、今日直面している課題のほとんどは個人に依存していないことを認識しなければなりません。選択肢。 むしろ、彼らは、気候、生物多様性、さらには公平性や私たちの社会が私たちの資源基盤、つまり自然からの共有された遺産をどのように分配しているかについてさえ、集団行動と集団選択を求めています。 私たちは、市場が人々の生産能力、より具体的には限界生産力に基づいてリソースを授与するというこの神話を持っています。 私たちは、権力関係が誰が何を得るかを決定する政治経済学に住んでいます。 個人に焦点を合わせすぎると、私たちの最も深刻な課題の多くに対して、集団行動と集団決定のみが可能であるということを理解できなくなります。個人として、必要な気候安定性や水源の清浄度を選択できない可能性があります。またはあるべき空気。

基本的なニーズをどのように満たすかでさえ、私たちの社会に大きく影響されます。 私たちの文化は必要なものを定義し、文化が異なればそれを非常に異なって定義することができます。 私は、文化を超えて普遍的な基本的なニーズがあるというマンフレッド・マックス・ニーフの見解に同意します。 彼は、自給自足だけでなく、愛情、理解、参加、創造性、アイデンティティなども必要であると述べています。 これらは文化間で普遍的ですが、各文化がそれらを満足させる方法は大きく異なる可能性があります。 文化として、私たちはそれらのニーズを満たすために必要なものを形作り、それがこれを本当に難しく、文化的に文脈に依存させます。 これらの分野の専門家の多くは、WEIRD文化(白人、教育、工業化、豊か、民主主義)と呼ばれている文化から来ており、彼らの価値観はどこにでも当てはまると考えています。 これは、教育を受けたエリートによって開発された人間中心の開発の定義に関する大きな問題です。

私が興味を持っている人間開発のもう一つの重要なポイントは、協力の進化と文化の進化です。 物を持ちたいだけでなく、社会に有意義に参加し、貢献できるように進化してきたと思います。 それらは基本的な人間のニーズです。 豊かな国々とほとんどの経済学者は、材料の消費を増やすだけで幸福が増すという考えに取りつかれています。 私たちはますます消費できるように努力しているだけですが、実際にはそのパラダイムを反転させて、生産の楽しさにもっと焦点を当てるべきだと思います。 私たちには有限の惑星、有限の資源、そして膨大な数の人々がいることを認識しなければなりません。そのため、地球に取り返しのつかない損害を与えることなく、それぞれが持続可能な方法で消費できる量は非常に限られています。 私たちは、可能な限り最も楽しく、充実した、豊かでやりがいのある方法で基本的なニーズを満たすものとして開発を再構成する必要があります。

もちろん、人間開発について話す場合、私たちの優先事項は、基本的なニーズを満たしていない人々であるべきです。 しかし、基本的なニーズが満たされたら、可能な限りやりがいがあり、充実した方法でそれらを満たすことに焦点を当てる必要があります。 人間開発は、開発途上国だけに焦点を当てるだけでなく、豊かな国での過剰消費が余剰の生態学的能力をどのように使い果たし、貧しい国が人間開発を達成する能力を低下させるかについても考慮する必要があります。 私たちは人間を有限の惑星の一部として見なければなりません。 発展途上国は非常に多くを消費しているため、貧しい国々が基本的なニーズを満たす能力を妨げています。 主流の見方は、豊かな国が消費すればするほど、貧しい国が製品を作って収入を得る市場が増えるというものです。 それはまったく間違ったやり方だと思います。

まだ対処していないものを追加しますか?

私自身の研究がどのように貢献できるかについて、そこにXNUMXつの質問がありました。 私は不可欠な資源の経済学に非常に興味があります。 不可欠な資源は、基本的な人間のニーズを満たします:食料、水、エネルギー、その他の生態系サービス。 知識のない経済活動はないので、情報も含めます。 これらはすべて必須サービスまたは必須リソースだと思いますが、必須リソースは根本的に異なる経済的特性を持っているため、市場の割り当てには適していないと思います。

資源が不足すると価格が上昇し、需要が減少し、新しい代替品を開発し、供給が増加するため、市場は経済を均衡に追いやると思われます。 次に、市場はそれらを最も評価する人々に資源を割り当てます。これにより、理論的には社会の効用が最大化されます。 しかし、市場では、需要は購買力によって加重された選好です。 私は170か国で食料の需要の弾力性を推定する世界的な調査を行いました。需要の弾力性は、食料の価格が単位パーセント上昇したときに消費をどれだけ減らすかによって決まります。 エコノミストは、「市場の魔法は、リソースを最も必要としている人々にリソースを割り当てることです」と述べています。 貧しい人々は、消費が減ると飢えるので、明らかにもっと多くの食料を必要としています。 しかし実際には、不平等な経済では、購買力が完全に好みを支配します。 先進国で食料の価格が上がっても、消費はまったく変わりません。 2007年と2008年に小麦の価格がXNUMX倍になったとき、金持ちの側の需要の減少はゼロでした。 最貧国は、実際には、価格がXNUMXパーセント上昇するごとにXNUMX分のXNUMXパーセントも食料を減らしました。 犠牲は貧しい人々によってなされるので、これが意味することは、まず第一に、価格メカニズムが壊れているということです:需要は貧しい人々を除いて価格に反応しません。

さらに、私たちの惑星の境界について科学者を信じるならば、それらの惑星の境界に対する最大の脅威は農業です。 供給の増加は、生態系に計り知れないほど高いコストをもたらします。 そして、私たちは毎日食べる必要があります。 したがって、食糧不足がある場合、供給を増やすには少なくともXNUMXつの成長期が必要であり、それから世界の生態系に莫大なコストがかかるだけなので、価格メカニズムは需要と供給の両方の点で壊れています。 そして、現在のように富が不平等に分配されている場合、市場は、実際に最も必要としない人々に不可欠なリソースを体系的に割り当てます。 経済学者は個人間の効用を比較することはできないと言っていますが、それは経験的に検証可能です–それは科学的ではないと見られています。 多分それは携帯電話にも当てはまります。 私はあなたがあなたから得るよりも私の携帯電話からより多くの喜びを得るかどうかわかりません。 しかし、食料や必需品については、生き残るのに十分なものがない人は、それらを豊富に持っている人よりも限界効用が大きいと断言できます。

市場以外の重要なリソースをたくさん扱うべきだと思います。 私はカリフォルニアの例が好きです。 エンロンと他のいくつかの企業が集まり、数量のわずかな変化で価格が急騰することを知って、生産をオフラインにすることに同意したとき、それは大きな電気危機に見舞われました。 。 しかし同時に、ブラジルは干ばつに見舞われ、完全に水力に依存しているため、エネルギー供給が低下しました。 カリフォルニアは価格を供給に合わせて調整させました。 ブラジルは、「ご存知のとおり、昨年よりも電力が10%少なくなっています。 私たちは昨年何を消費したかを知っています。 今年は同じ価格で消費量が10%少なくなります。 あなたは実際に使うお金が少なくなるでしょう」そして苦労はありませんでした。 カリフォルニアでは、電圧低下が発生し、事業が破産し、知事が不在になり、アーノルド・シュワルツェネッガーが選出されました。 ブラジルでは、彼らは非市場メカニズムを使用していました。 それはイベントではありませんでした。

それから私が非常に興味を持っているもう一つのことは、金融と金融システムです。 主流派経済学は実際、お金は中立であり、物々交換を本当に促進し、他の役割はないので、誰がそれを作成するかは問題ではないと言っています。 経済理論ではほとんど無視されています。 実際、それは世の中で最も重要なメカニズムのXNUMXつだと思います。金融セクターは企業にお金を貸して、真の生産能力と雇用、そして真の富を生み出すことができます。 過去40年間、主に既存の資産を購入するためにローンを組んでおり、新しい富を生み出さずにその価値を急上昇させていますが、ローンは利子を付けて返済する必要があります。 つまり、このメカニズムでは価値の指数関数的成長が必要ですが、同じ資産を何度も売買している場合は、新しい価値を生み出さずに価格を押し上げているだけです。 それは、この大規模な不安定性を生み出し、それが大規模なクラッシュにつながるだけです。それから、金融システムを救済します。 私たちの現在の金融システムは、人間開発にはひどく不向きだと本当に思います。 そして、私が非常に興味を持っているもうXNUMXつの研究分野は、文化的進化、協力の進化です。ここでも、資源の物理的性質について見ていきます。 化石燃料を取りなさい。 私たちは今、化石燃料経済を持っています。資本主義は化石燃料経済と密接に関連して現れました。 石油は独占所有者であり、一人の使用は他の人にあまり残さないので、競争と配給が必要です。 石油は市場システムに非常によく適合します。 今、私たちは代替エネルギー経済に移行しなければなりません。 太陽エネルギーを例にとると、ある国でどれだけ使用しても、他の国でどれだけ使用できるかには影響しません。 したがって、地域間の競争はありません。 太陽エネルギーを取り込むために必要なのは知識であり、それは実際に使用することで向上します。 すべての経済活動にはエネルギーが必要です。 それは私たちの経済の設計において非常に重要な役割を果たしています。 化石燃料と太陽エネルギーの物理的特性が異なるため、私たちは協力が競争よりもはるかに優れたエネルギーに対する人間のニーズを満たすのに客観的に役立つ経済に移行しています。 さらに、代替エネルギーに必要な知識を身に付ければ、その価値はゼロの価格で最大化されます。 私が化石燃料に代わるクリーンな代替燃料を開発し、特許を取得して市場が耐えられる最高の価格で販売した場合、中国とインドはそれを買う余裕がなく、気候変動が暴走します。 私たちに必要なのは、知識への共同投資であり、それはすべての人が自由に利用できるようになります。これは根本的に異なる経済パラダイムです。 例としてエネルギーを使用しますが、実際には、パラダイムは生物多様性の喪失、気候変動、パンデミックへの対処、これらすべてに当てはまると思います。そのため、やはり根本的な変化が見られます。 さまざまなリソースのさまざまな物理的特性により、割り当てに対するさまざまなアプローチが必要になります。


写真:バーモント大学

ジョシュファーリー エコロジカルエコノミストであり、コミュニティ開発と応用経済学および行政学の准教授であり、バーモント大学のガンドエコロジカルエコノミクス研究所のフェローです。 彼の幅広い研究対象は、生物物理学的に可能なことと社会的、心理的、倫理的に望ましいこととのバランスをとることができる経済の設計に焦点を当てています。

表紙画像: トルバホッパー Flickr経由で。

コンテンツにスキップ