ユーザー登録

「人間開発とは、人々が彼らの願望を満たすことができることについてです」–アーサー・グライムズの人間開発の再構築に関する考察

アーサー・グライムスは、政府学部、ウェリントンビジネスアンドガバメントスクールの教授であり、福祉と公共政策の議長の初代所持者です。 彼はまた、ニュージーランドのウェリントンにあるMotu Economic and Public PolicyResearchのシニアフェローでもあります。

XNUMX月中、ISCは、人間開発の再構築に関する専門家によって書かれたエッセイを特集します。 これはUNDPとの共同プロジェクトです。 ISCメンバーとあなたのネットワークが参加することをお勧めします。 プロジェクトのホームページにアクセス ページ をご覧ください

人間開発のコンセプトの中核は何だと思いますか?

人間の発達とは、人々が自分の願望を満たすことができるということだと思います。 願望は状況に応じたものです。 それらは、人の身近な環境との相互作用を通じて、また世界の他の地域で起こっていることから形成されます。 人々は、物質的にだけでなく、さまざまな方法で、自分の周りにいる他の人々や遠くにいる人々と同じようにやりたいと思っています。 要約すると、それは彼らの願望を満たすことを意味すると私は言います、そこでそれらの願望は彼らが他の人々のために可能であると彼らが見るものによって知らされます。

あなたの研究は幸福に焦点を当てていますが、それは人間開発の概念にどのように適合していますか? 続きを読む.


による画像 FlickrのVivLynch

コンテンツにスキップ