ユーザー登録

中国でのオープンアクセス:国立科学図書館のXiaolinZhangへのインタビュー

研究と技術に支えられた中国のイノベーション主導型開発プログラムは、中国の科学界に新たな要求を課しています。 オープンアクセスとヨーロッパ主導のプランSプログラムにはどのような役割がありますか?

中国は現在、科学記事の世界最大の生産国です。 米国国立科学財団によって編集された最新の統計によると、426,000年に2016の記事を公開しています。この傾向は、政府のイノベーション主導の成長戦略をサポートするために研究開発費が増加し続けているため、今後も続くと思われます。

中国科学アカデミー(CAS)国立科学図書館の元所長であるXiaolin Zhangに、中国のオープンアクセスとオープンサイエンスについて、そしてヨーロッパ主導の「プランS」イニシアチブの意味について話を聞きました。

オープンアクセスの議論にどのように参加したのか教えてください。

ご存知かもしれませんが、中国科学院(CAS)は、非常に早い段階でオープンアクセス(OA)に関与していました。 当時アカデミーの学長だったYongxiangLu教授は、正式に発行されてから2003か月後の2004年XNUMX月に、知識へのオープンアクセスに関するベルリン宣言の最初の中国人署名者でした。 CASは、XNUMX年に宣言の初期の公式機関署名者でした。その同じ年、私は国立科学図書館としても知られるCAS図書館の所長になりました。 オープンアクセスを促進するためにアカデミーの指導者と協力することは私の公務のXNUMXつになりました。

それ以来、私たちはCAS用のデジタルライブラリインフラストラクチャを開発してきました。CASには全国に約100の機関があります。 科学情報への広範なアクセスは、私たちの図書館の肉体と血に組み込まれています。 CAS研究所は、他の多くの研究所、企業、地元の研究者とも協力しているため、科学情報へのアクセスは非常に重要な要素になっています。 それはしばしば大きな挑戦でもあります。 オープンアクセスは、アカデミーと中国の研究開発コミュニティにサービスを提供するという私たちの使命にとって非常に重要であることに気づきました。そのため、最初の中国のOAウィーク、最初の中国の研究論文の機関リポジトリ、北京でOAアクセスに関するベルリン8会議も主催しました。

中国のオープンアクセスの主な目的は何だと思いますか? オープンアクセスを促進するための過去15年ほどのイニシアチブで何が達成されましたか?

中国はイノベーション主導型開発の国家戦略を持っており、企業、あらゆるレベルの研究機関、新興企業やイノベーションインキュベーターなどで構成される国家イノベーションシステムを構築してきました。 さらに、国の政策として、中国は公的起業家精神とイノベーションを支援していますが、中国で最大の顧客基盤を持つ国際的な出版社は、ここに500人以下の顧客しかいないことを知りました。主に、国立研究機関と大規模な学術大学です。 つまり、ほとんどの州の研究アカデミーや、企業や新興企業が集中している地元の研究公園では、中国の公共投資によって資金提供された論文でさえ、Nature、Science、Cellなどの国際的な購読ジャーナルにアクセスできませんでした。 2800の大学があります。つまり、500の顧客がすべて大学であっても、2300の大学は除外されます。 したがって、非常に厳しい矛盾があります。 一方で、中国と社会全体が新しく高度な知識にアクセスすることが急務となっています。 一方、現在アクセスできるのはごく少数の機関グループのみです。 国のほとんど、いわゆる国家イノベーションシステムのメンバーのほとんどは、たとえ税金で賄われていたとしても、新しく高度な知識にアクセスすることはできません。 それは公平ではなく、中国の開発戦略の利益にもなりません。 中国のような国がイノベーション主導の戦略を成功させたいのであれば、イノベーションシステムが知識にアクセスできることを確認する必要があります。

2016年のデータを使用して、プランSまたはOA2020で要求されたオープンアクセスから得られる可能性のあるメリットを分析しました。 最初の直接的なメリットは、アクセスがブロックされた人々、つまり国のイノベーションシステム全体の95%がアクセスできるようになり、研究開発と生産性が大幅に向上することです。 二次的な「間接的な」利点は、著作権を取り戻し、XMLフルテキストコピーを入手すると、検証、再現性、およびデータマイニングの能力が大幅に向上することです。 第XNUMXレベルの「間接的な」メリットは、従来フルテキストに埋め込まれていたデジタルエンティティを、すべてのインテリジェントセンシングオブジェクト、IoT(Internet of Things)のオブジェクト、およびスマート社会に接続して、スマート産業の発展を支援する機会です。スマートな社会を目指したスマートなサービス。 したがって、オープンアクセスのメリットは、経済的だけでなく、研究指向でもありません。それは、社会全体の持続可能な開発のためです。

2014年中国科学院および中国自然科学基金のオープンアクセスポリシーの影響はどのようなものでしたか?

CASと中国国家自然科学基金委員会(NSFC)はどちらも、2014年12月の同じ日にオープンアクセスポリシーを発行しました。基本的に、どちらもグリーンオープンアクセスを必要とします。 NSFCは、資金提供した研究プロジェクトから得られたすべての論文を、基礎研究リポジトリ(BRR)に査読後のドラフトとして寄託することを義務付けています。 CASの方針では、公的資金によって資金提供された研究から得られたすべての論文は、それがどこから来たものであっても、著者が承認した原稿として機関リポジトリに保管する必要があります。 どちらもXNUMXか月の禁輸措置を受け入れます。 CASポリシーは、手頃な論文掲載料(APC)で、品質が保証されたオープンアクセスジャーナルでの出版をサポートすると述べています。 しかし実際には、教育省、科学技術省、その他の一部の資金提供者は、研究者が助成金を使用してゴールドOAのAPCに支払うことを許可しています。

現在、リポジトリはどのように使用されていますか? 彼らは国レベルですか、それとも機関レベルですか?

NSFCには、資金提供する研究者向けのBRRがあります。 今日の時点で、そのリポジトリには、587,000の機関からの890,000人の著者による1,800の論文があります。 CASリポジトリは研究所によって開発されているため、114の研究所から114のリポジトリがあり、合計644,000の全文論文が含まれています。 大学の機関リポジトリ(IR)の正確な数はわかりませんが、50を超える大学が独自のIRを持っています。 CASとNSFCの両方で12か月の禁輸期間が許可されているため、一部のフルテキストペーパーはすぐには利用できません。

中国が社会科学と人文科学(SSH)の開発に多くの投資をしていることを私たちは知っているので、社会科学分野でのオープンアクセスの取り組みはどうですか?

ある意味で、中国はSSH分野でより速く動いた。 中国の社会科学のための国立財団は直接支援しています 国立社会科学データベースは、2013年1000月に開始された、全国的なオープンでパブリックなプラットフォームとしてCASSによって運営されています。現在、4.85を超えるNSSFCが資金提供する高品質の研究ジャーナルと200以上のキーを含む、500万を超える論文を含むXNUMXを超える中国のSSH学術ジャーナルをホストしています。 XNUMXつの評価国内ランキングシステムに含まれる国内学術雑誌。 すべての教育機関が登録でき、ユーザーがアクセスできます。 個人ユーザーは個別に登録できます。

プランSに目を向けると、NSTLとNSFCは、サインアップせずにプランSの野心をサポートすると述べています。 彼らはサインアップするのでしょうか、それとも中国向けのローカルソリューションがある可能性が高いのでしょうか?

まず第一に、私はその質問に本当に答える立場にはありませんが、私が見るところ、中国がプランSにサインアップするかどうかの問題ではありません。OAを促進または実装する方法はたくさんあることは誰もが知っています。 たとえば、ドイツのDFG(Deutsche Forschungsgemeinschaft)は、プランSにサインアップせずにOAを非常に効果的に推進しています。NSFCの意見書は、公的資金から研究論文を変換するOA2020イニシアチブとプランSの要求をサポートすることを明確にしています。できるだけ早くすぐにオープンアクセスの出版物にプロジェクトします。 声明は、中国がこの目標を達成するために幅広い柔軟で包括的な措置を支持していることを明らかにしているので、それらの組織は原則としてプランSと協力していると思いますが、彼らが何をするかという点では、XNUMXつ以上あると思います同じ目標に向けたローカルアクション。 プランSにサインアップするかどうかはテストではありません。 プランSについてはまだ多くの詳細が出ており、更新された実装ガイドラインを見るのは興味深いでしょう。

国立科学図書館と中国国立科学技術デジタル図書館(NSDL)の両方が署名しました OA2020の関心の表明。 私は同じことをしたさらにXNUMXの中国の図書館を知っています。

あなたは以前、出版社に中国の図書館との「読みと出版」協定の交渉を開始するよう呼びかけました。 これは始まりましたか?

現時点では、議論があるとしか言えません。 それほど遠くない将来に、それについてのいくつかのニュースを読むことができることを願っています! 双方が計画と実施に努力する必要があり、私たちはそれを理解しています。

今後10年間の中国でのオープンアクセスで何を期待しますか?

中国の経済と社会のイノベーション主導の開発が推進されているため、10年後には、公的資金による研究、特にジャーナル記事へのほぼ完全かつ即時のオープンアクセスが実現すると思います。

研究と技術の観点から「供給側」の構造改革を求める政府からの大きな推進力がありました。 投資収益率や社会への研究開発への幅広い参加に対する需要が高まっています。 国際的な動きの方向性と国際的な研究環境における中国の立場の重要性に加えて、私は誰もがこれを持っているのに10年以上(またはそれ以下の年)待つ余裕はないと思います[完全かつ即時のオープン公的資金による研究へのアクセス]が実現した。

しかし、それ以上のものも期待しています。 オープンサイエンス環境が期待されています。 中国の科学技術省と財務省は2017年に、特に新興企業や中小企業(SME)を支援するために、公的資金による研究機器や施設の公的共有を要求する指令を発行しました。それらが準拠しているかどうかについて監視されています。 中国はまた、中小企業のイノベーション能力を強化するための新興企業やイニシアチブのための多くのインキュベーターを開発してきました。 インキュベーター内の人々は、記事だけでなく、データへのアクセス、研究機器や実験施設などへのアクセスも必要です。 研究データの管理と公開共有に関する州議会による2018年の指令もあり、少なくとも一部の研究データを公開で共有する必要があります。 これらすべてがまとまって、私たちがオープンサイエンスに対応した社会と呼ぶものが急速に発展すると思います。

中国には800億人のインターネットユーザーがいて、その大多数はかなり若いです。 中国には昨年8万人の大学卒業生がいました。 それらはすべて、今日の環境において、研究、革新、開発に参加することができます。 オープンアクセスが軌道に乗るのと同じように、オープンサイエンスは今後XNUMX年間で徐々に加速し、その後は非常に急速に加速すると思います。

[関連項目 id=”7411,7500,7470,7532”]

コンテンツにスキップ