ユーザー登録

科学と社会: グローバル公共財としての科学に関する論文の要点

ISC のビジョンは、科学を地球規模の公共財とすることですが、これは科学と社会にとって何を意味するのでしょうか? 私たちの「Science as a Global Public Good」の論文では、この問題に対処するために XNUMX つの主なポイントを検討しています。この質問については、このブログで要約します。 そして、科学と社会の間の社会的契約はどのように進化していますか?

国際科学会議は、科学の世界的な代弁者として、世界の公共財としての科学のビジョンに取り組んでいます。 すべての人間は、地球の生態系への依存と、食料生産、きれいな水の供給、病気の規制、気候の規制など、それらの生態系が満たす必要があるため、基本的に類似して相互に関連しています。 集合的な知識が集合的な人類の進歩の主な原動力であるため、公共の価値の生産はすべての人に利益をもたらします。 したがって、科学は、方法論的に規律され、現実に対してテストされた特別な形式の知識として、世界的な公共財として計り知れない価値を提供できます。

「科学的知識、データ、および専門知識は、普遍的にアクセス可能であり、それらの利益は普遍的に共有されなければなりません。 科学教育と能力開発の機会を含め、包括性と公平性を確保することにより、相互に支援し合うグローバルな科学コミュニティがこれに責任を負います。」

– 規程 II、パラグラフ 4 からの抜粋、 ISCの法令と手続き規則

グローバルな公共財として、科学は社会のニーズにどのように応えますか?

科学が新しい活動、新しい技術、革新を可能にする新しい知識を生み出すことによって社会のニーズに応えることは重要ですが、知識の有用性は「需要と供給の縮小レンズ」を通して一意に考慮されるべきではありません。 科学は幅広い範囲の科学的調査を維持し、知識の境界を拡大しなければならないというのが理事会の信念です。

実際、多くの科学的知識は、国家経済や GDP 成長には貢献しませんが、人間の想像力を刺激するものであり、このように、排除不可能で競争力のない善です。 さらに、人類が当面の開発優先事項を満たすために環境の未来をかなり脅かしたのと同じように、科学は当面の期間を唯一の優先事項と見なして未来を無視してはなりません.

人類を脅かす収斂する危機に世界が直面しているという認識が高まっていますが、グローバルな解決策にはグローバルな関与が必要であるため、国際的な科学コミュニティは、この課題に立ち向かうために集合的な声をますます聞いています。 この文脈において、科学は包括的である必要性への焦点を失ってはならず、すべての地域の知識と優先事項を取り入れなければなりません。 グローバルな科学コミュニティの現実は拡大していますが、それが現実のものとなるのは、より幅広い形の知識に開かれ、壮大な課題に効果的に対応できるグローバルな知識の共有地が作成された場合に限られます。

社会的ニーズに対応するために、科学は政府の重要性も考慮する必要があります。政府は優先順位を明確にし、国の科学システム内の資金提供機関に予算を設定するからです。 科学者や研究者は、政府の力を考慮しながら、研究への投資に対する利益を最大化する方法として、自分のインスピレーションに従う自由を擁護する必要があります。 多くの点で、科学者は自分たちの発見が最初に何に貢献できるかを必ずしも知っているわけではありませんが、意図的であろうと偶然であろうと、いくつかの発見は最終的に非常に役立つことが判明します. たとえば、最も有名で重要な偶然の発見は、フレミングの奇跡の薬であるペニシリンですが、彼の最初の研究はブドウ球菌に関するものでした。 同様に、現代の課題に直面する際に、公共部門と民間部門の間の相互作用を過小評価してはなりません。 COVID-19 パンデミックが示すように、どちらもアイデア、研究、データを共有することで公共の利益に貢献できます。

科学と社会:進化し続ける社会契約?

公益に奉仕するための科学の優先事項、自然と社会のプロセスの探求、および新たな社会的優先事項への効果的な対応の追求は、科学と社会の関係、社会契約の性質、および社会組織に影響を与えます。科学的プロセスの。 科学と社会の間の社会契約は、常に同じ基準で機能してきました。 公的資金により、科学は発見を生み出し、社会に伝えます。 しかし、何年にもわたって科学の優先事項は大幅に進化し、その社会組織も同様に進化しており、その結果、科学が社会に開かれ、透明性があり参加型であるという社会契約へと移行しています。

今日勢いを増しているオープン サイエンス運動は、この進化の現れであり、世界の公共の利益のための知識の共創の一環として、科学研究とその普及を探求する社会が利用できるようにすることを目指しています。 COVID-19 パンデミックは、オープン サイエンスが実際に行われていることを示し、世界の公共の利益に貢献する科学の有効性を妨げるプロセスの一部を明らかにしました。 の採用により、 オープンサイエンスに関するユネスコの勧告、「ニューノーマル」への変化の可能性は手の届くところにありますが、この新しい科学の時代が世界の公共財のサービスにうまく適応することを確実にするために、国際的な科学コミュニティからの関与が必要になります.


これらすべておよびその他の詳細は、当社のポジション ペーパーに記載されています。

グローバル公共財としての科学

国際科学会議のポジション ペーパー。 2021 年 XNUMX 月。

コンテンツにスキップ