ユーザー登録

人間開発に対する最大の脅威は、高所得国での過剰消費です。

このインタビューで、ジェイソン・ヒッケルは、南北の経済における過剰な資源の使用に焦点を当てる人間開発の必要性を強調しています。 彼は、現在人間開発指数で高得点を獲得している国々は、惑星の境界内でそうすることができないと指摘します。これは、長期的な共通の幸福の目的に反します。

人間開発の概念をどのように再構成する必要がありますか?

開発の定義を改善する上で、私たちはすでに重要な進歩を遂げました。 以前は完全に国内総生産(GDP)に基づいていましたが、1990年代以降、人間開発指数(HDI)の出現により、教育と健康も考慮されるようになりました。 最近では、持続可能な開発目標(SDGs)により、私たちが達成しようとしているさまざまな目標が追加されています。

ですから、私たちの目標はより人間中心になりつつあり、それは重要です。 残念ながら、GDPは、総価値の8分の8を占めるHDIを含め、開発コンセプトの強力な要素であり続けています。 SDGsでさえ、GDP成長に専念する完全な目標であるSDG XNUMXを持っています。生態系の崩壊の時代において、私たちはGDP成長のこの広範な中心性を再考しなければなりません。 たとえば、私の仕事では、GDPがエネルギーと資源の使用に密接に関連しているため、SDGXNUMXがSDGsの生態学的目標と両立しないことを示しました。 

開発における主要な考え方は、GDP成長を最大の目標として追求し、これが何らかの形で魔法のように流れ落ち、人々の生活を改善することを期待することです。 これは不合理なアプローチです。 代わりに、私たちは実際に達成したい目標に焦点を当てる必要があります:より良い健康、より良い教育、より良い賃金-それらが何であれ。 南北問題では、これを行うことはある程度の成長を伴う可能性があり、これらの国のほとんどはまだ地球の生態学的境界内に十分にあるので、それは問題ありません。 幸いなことに、各国は惑星の境界内にとどまりながら、高水準の人間開発を達成することが可能であることがわかっています。

コスタリカはこの素晴らしい例です。 コスタリカの平均余命は米国(US)よりも高く、北欧やスカンジナビア諸国に匹敵する幸福度を備えており、ほぼ完全に惑星の境界内にとどまりながら、これらすべてを実現しています。 どのように? すべての人のための質の高い国民皆保険と教育に投資することによって。 それが進歩の秘訣です。 そしてそこにたどり着くのに高水準のGDPは必要ありません。

しかし、高所得国は別の問題に直面しています。 高所得国は惑星の境界を大幅に超えています。 実際、彼らは、世界中の生態系を不安定にしている、事実上すべての地球規模の生態系の行き過ぎに責任があります。 高所得国がさらに多くの経済成長を必要としているという考えは狂気です。 なぜ米国はさらに成長する必要があるのですか? GDPがはるかに少なく、米国よりも高いレベルの人間開発を達成している国は数十あります。 ポルトガルは一人当たりGDPが65%少なく、米国を上回っています。 したがって、米国はその目標を達成するためにこれ以上のGDPを必要としません。 むしろ、所得をより公平に分配し、普遍的な公共財に投資する必要があります。

人間開発指数には問題があります。 HDIで高得点を獲得したい場合、それが政府としての目標である場合は、GDPを75,000人あたりXNUMX米ドルに引き上げる必要があります。 惑星の境界内にとどまり、異常なレベルの生態学的影響なしにそれを行うことは不可能です。 そして、この種の収入は、すべての人の健康で幸せで繁栄する生活を実現するために実際には必要ありません。 豊かな国々がさらなる成長を追求する必要がある範囲を再評価する必要があります。 特に北部での過剰な成長が現在南部で深刻な被害を引き起こしていることを考えると、それを正当化することはできません。

北は気候変動を引き起こした歴史的な排出の大部分に責任がありますが、気候変動の影響は南北に不釣り合いに損害を与えることを忘れないでください。 同じことが他の形態の生態学的崩壊にも当てはまります。 北の資源消費のXNUMX%は南から割り当てられており、森林伐採、汚染、採掘などの採掘地帯に大きな影響を与えています。 これが意味するのは、北部の過剰な経済活動は無実ではないということです。それは世界の他の場所の人々に積極的に害を及ぼします。 

メディアが株価に関するデータを提供するたびに、昆虫のバイオマス、生物多様性、炭素排出量、森林破壊率に関するデータも提供する必要があります。 私たちの経済は、地球の生態系から切り離されているのではなく、その生態系に埋め込まれていることを理解する必要があります。 私たちの文明の運命は、生きている世界の運命にかかっています。

最終的には、惑星の境界と一致する人間開発のモデルに移行する必要があります。 これはSDGsにとってどういう意味ですか? これは、目標8の成長目標を取り除く必要があることを意味します。HDIに関しては、生態系への影響を修正し、収入要素の測定方法を変更することが不可欠です。 現在、HDIは正義と普遍性の原則に違反しています。 所得要素が構造化されているため、すべての国がHDIのトップに住むことは不可能です。 高水準のGDPを目指すのではなく、人間の繁栄に十分な水準を目指すべきです。

あなたは人間開発の概念をHDIで完全に崩壊させていますが、30年前に出現した概念は、人間開発を人々が価値のある人生を送ることとして定義しています。 この核となる意味はHDIによって置き換えられたようです。 そうだと思いますか?

それはある程度真実だと思います。 インデックスとメトリックには常に暗い面があります。 それらは私たちが私たちの目的をより簡単に測定するのを助けるかもしれないという点で有用ですが、それらはまた社会生活の本当の複雑さを覆い隠します。 教育の観点からHDIがどのように構成されているかを見てください。教育は人間開発の重要な要素であることに同意できますが、そのために使用する指標は、保証がない場合に人々が学校で過ごす年数です。学校で何年も過ごすことはあなたに良い教育を与えるだろうということ、そして学校で過ごす時間が少ない人は教育を受けていないと言える理由もありません。

人類学者として、先住民と一緒に仕事をしていると、おそらく彼らは学校で数年しか過ごしていないのに、たとえばほとんどの大学教授を超えて生態系と生態系がどのように機能するかを理解していることがわかるでしょう。 正式な教育を受けてから15年経っても、そのような理解は得られませんでした。 彼らは教育を受けていないと言っているのでしょうか? したがって、今日の教育指標は、社会生活の複雑さを私たちに知らしめ、残念ながら、それはまた、本当に問題のある階層を作成します。 教育指数で最も高いスコアを獲得した国の地図を見ると、それらはすべて南北にあります。 したがって、私たちは北が「より賢い」と結論するように導かれます、それでも私たちの集合的な未来に最も害を及ぼしているのはまさにそれらの国です。 それはどのように賢いですか? それはどのように進んでいますか? ここに何か問題があります。 私たちは尋ねなければなりません:この絵から何が取り残されているのですか? 

人類学的な視点は、GDP成長の中心性の問題であるだけでなく、  他の測定値は解釈されます。 これらすべてが人間中心の開発であるという考えを取り入れた場合、今日の主要な課題は何でしょうか。

過去半世紀以上の間、国際開発プロジェクトは貧しい国々の「欠陥」を中心に組織されてきました。 貧しい国々には何か問題があり、それを修正する必要があるという考えがありました。 たとえば、世界銀行、国際通貨基金(IMF)、および米国国際開発庁(USAID)などの二国間開発機関はすべて、南北問題を解決するためにミッションを送信しています。

これは80つの点で問題です。 第一に、実際には南北問題の未発達は主に国内問題に関するものではないからです。 それは世界経済における権力の不均衡についてです。 このように考えてみてください。南北問題は、世界経済に投入される労働力と資源の最大60%を占めていますが、それでも、世界経済の成長から得られる収入はごくわずかです。 人類の最も貧しい5%は、成長からの新しい収入のXNUMX%しか受け取りません。 これらは、世界が毎日使用するお茶、コーヒー、砂糖を収穫する人々です。ヨーロッパ人が朝食に食べるバナナとベリーを育て、誰もが着ている服を縫います。 世界経済は文字通り貧しい人々の労働に依存していますが、それでも彼らはペニーしか受け取りません。 

第二に、人類の最も裕福な1%は、世界の成長からすべての新しい収入の約28%を受け取ります。 格差は並外れています。 そして、これは偶然ではありません。 それは世界経済が構造化されている方法のためです。 それは、貧しい国の経済政策を管理する能力を豊かな国に与える債務制度の仕組みによるものです。 それは貿易システムがどのように機能するかによるものであり、最も裕福な国々がすべての交渉力を持ち、自国の利益のために規則を設定することができます。 貧しい国々は不平等な条件で世界経済に統合されてきました-それが貧困を永続させているのです。

これは、貧しい国々が国内政策を「修正」するのを助けるためにミッションを送ることによって修正されることは決してありません。 これは、世界経済の力とバランスに関係する問題です。 世界銀行とIMFで誰が投票権を持っていますか? 世界貿易機関で交渉力を持っているのは誰ですか? これらは民主的な制度ではありません。 これらは、少数の豊かな国が世界経済のルールを決定することを可能にする制度です。 南北問題の真の発展を見たいのであれば、世界経済の勢力均衡に挑戦しなければなりません。 それ以外のものは要点を見逃します。

だから、それは私たちがしなければならない1950つのシフトです。 貧しい国を主要な問題として見るのをやめなさい。 問題となっているのは豊かな国です。 これは別の意味でも当てはまります。 現在の目標は、惑星の境界内で人間開発を達成することであることを忘れないでください。 この面では、貧しい国々は簡単な部分です。 コスタリカが行ったように、南北問題が惑星の境界内で高レベルの人間開発を達成することは可能であることを私たちは知っています。 コスタリカはどのようにそれをしましたか? 国民皆保険、国民皆保険、社会保障など。 これらの人間中心の公共サービスは、南北問題のほとんどの国が1960年代、1970年代、1980年代の植民地時代直後に導入していたシステムですが、1990年代と80年代には構造調整プログラムによって体系的に解体されました。 構造調整は、医療と教育への公共部門の支出を削減し、賃金と民営化された公共資産を削減し、すべて貧しい人々に壊滅的な結果をもたらしました。 これが、今日の南北問題の平均余命が南北問題よりも低い主な理由です。 南部の残りの部分は、構造調整によって残忍にされていなければ、平均余命がXNUMX年のコスタリカのようであった可能性があります。

ですから、貧しい国は簡単な部分です。 私たちはそれを行う方法を知っており、それが可能であることを知っています。 難しいのは豊かな国です。 豊かな国々は、惑星の境界内に戻り、生きている世界とのバランスを取り戻すために、エネルギーと資源の使用を大幅に縮小する必要があります。これは、歴史の中でこれまで試みられたことのない、新しい地形です。 したがって、これは21世紀の開発の真の課題です。つまり、北を惑星の境界内に戻すことです。 それは可能ですが、まったく異なる経済パラダイムが必要です。 GDP成長を放棄し、成長後モデルと脱成長モデルに移行する必要があります。

政策決定だけでなく民間セクターも含め、あらゆる種類の意思決定において人間中心の開発が優先事項であると本当に主張するのであれば、これをどのように達成し、その理解を促進するために何が必要か人間開発を惑星の境界内に置くことの?

ニュージーランドはこの方向にいくつかの興味深い動きをしました。彼らは最近、GDP成長を目標として放棄し、それを人間の幸福に置き換えました。 スコットランドとアイスランドもそれに続いています。 それは非常に重要な最初のステップです。 現在、GDP成長を目標としている状況にあり、それが何らかの形で魔法のように社会的目標を達成することを期待しています。 これは、経済にアプローチするための不合理で不正確な方法です。 私たちが直接達成したいことをターゲットにし、それを政府の目標にすることは、より理にかなっています。

しかし、それだけでは十分ではありません。 豊かな国々は、資源使用とエネルギー使用を積極的に縮小する必要があります。 そして、私は次のような遠い目標について話しているのではありません。「2050年までに持続可能なレベルまで資源を使用できるようにしましょう。」 いいえ、リソースの使用を制限し、それを毎年、持続可能なレベルまでラチェットダウンします。 年間目​​標が必要です。 生態経済学者はこれを非常に長い間求めてきました。 ロケット科学ではありません。 

これは、経済のどの部分が実際に必要かについて話し合うことを意味します。 私たちはしばしば、経済のすべてのセクターが、必要かどうかに関係なく、常に成長しなければならないという仮定から始めます。 しかし、それはこのようである必要はありません。 どのセクターを成長させたいか(クリーンエネルギーや公共サービスなど)、どのセクターを根本的に縮小するか(SUV、プライベートジェット、マクマンション、武器産業、産業用牛肉や乳製品など)を決定できます。 真の経済主権とは、この会話を自由に行えることを意味します。

私がここで求めているのは、国際開発プロジェクトの周辺ではありません。 それは絶対に中心です。 豊かな国々の過剰な成長は、南部の生態系の崩壊を引き起こし、開発に積極的に悪影響を及ぼしています。一部の地域では飢餓と貧困率が上昇しており、世紀が進むにつれて悪化するでしょう。 北部の過剰問題に対処しなければ、国際開発プロジェクト自体を損なうことになります。

人間開発の概念の最適な定義は何でしょうか?

まあ、理想的には、おそらく開発の概念から完全に離れる必要があります。 おそらく、惑星の境界内で、代わりに繁栄または幸福の促進について話す必要があります。 より包括的なアプローチが必要です。

資本主義文明の問題の一つは、500年の間、人間は他の生物から根本的に分離されていると想像していたことです。分離の感覚は、自然や他の人間を搾取される対象として扱うことを可能にしたものです。 。 21世紀が私たちに求めているのは、他の生きている世界との本質的なつながりの感覚を取り戻すことです。

究極的には、私たちが「経済」と呼んでいるのは、私たちの相互関係、そして他の生きている世界、すべての生命との関係の物質的な表現です。 私たちは自分自身に問いかけなければなりません、私たちはその関係をどのように見せたいですか? それを抽出と搾取の関係にするのか、それとも互恵とケアの関係にするのか。 それが私たち自身に問いかけなければならない質問です。 私たちの人間開発の概念がそのより広い視野を考慮に入れていないのなら、私たちはその要点を見逃していると思います。


ジェイソン・ヒッケル 経済人類学者、作家、ロイヤルソサエティオブアーツのフェローです。 彼はロンドン大学ゴールドスミス校の上級講師です。 彼は、人間開発報告書2020の統計諮問委員会、諮問委員会の委員を務めています。 ヨーロッパ向けグリーンニューディール 補償と再分配正義に関するランセット委員会について。

表紙画像:by ダヌムールティ・マヘンドラ on Flickrの

コンテンツにスキップ