ユーザー登録

人間:「開発」の代替根拠:人間開発の再考に関するアンソニー・ボーグスの考察

アンソニー・ボーグスは作家、キュレーター、学者であり、人文科学と批評理論のアサ・メッサー教授であり、ブラウン大学のアフリカ研究教授でもあります。 彼はエッセイの中で、昨日の考え方が現在の輪郭に影響を与えていることを私たちに思い出させ、いわゆる「人間中心の開発パラダイム」とはどのようなものになるだろうかと問いかけています。

XNUMX月中、ISCは、人間開発の再構築に関する専門家によって書かれたエッセイを特集します。 これはUNDPとの共同プロジェクトです。 ISCメンバーとあなたのネットワークが参加することをお勧めします。 プロジェクトのホームページにアクセス ページ をご覧ください

開発:進化論に根ざした概念

開発のアイデアは、多くの植民地の政治的独立の初期の余波の1945年以降の期間に現れました。 この期間は、植民地帝国のヨーロッパのシステムの正式な終わりを示しました。 これらの新たに独立した国々は、現在、自国の人口の生活に関する大きな問題に直面しています。 植民地主義が正式に統合された地域経済を生み出さなかったこと、また植民地化された人々の健康、教育、さらには識字能力さえも扱う十分な資源を備えた人的インフラを生み出さなかったことはよく知られています。 同様に、さまざまな植民地体制は、植民地化された地域の中には、深刻な問題を抱えた民族的アイデンティティを構築することがよくありました。 政治的独立の瞬間、新しい国が直面した主要な問題のXNUMXつは、ヨーロッパの植民地プロジェクトのすべての遺産にどのように取り組むかということでした。 脱植民地化の実際のプロジェクトとしての以前に植民地化された政治的独立の多くの観点から、彼らの人口の最も深い願望を満たす可能性のある未来を設計することを意味しました。 続きを読む.

コンテンツにスキップ