ユーザー登録

アフリカにおける HIV/AIDS 研究の現状: 世界エイズデーに向けたジョイス・ニョニ博士へのインタビュー

2022 年の世界エイズデーが平等に焦点を当てる中、質の高い医療への公平なアクセスの必要性について、ジョイス ニョニ博士に話を聞きました。

ジョイス・ニョニ博士 タンザニアのソーシャルワーク研究所の上級講師および学長であり、ISCの現在のメンバーです 科学における自由と責任のための委員会(CFRS).

Joyce Nyoni は、アフリカでの HIV/AIDS に関する幅広い研究経験を持ち、タンザニアでの研究倫理と誠実さをたゆまなく提唱してきました。 CFRS特別顧問 グスタフ・ケッセルは、世界エイズデー (1 月 XNUMX 日) を記念し、エイズのパンデミックに対する意識を高めるために、ニョニ博士にインタビューしました。

Q: 1980 年代以来、HIV/AIDS のパンデミックにより世界中で約 40 万人が命を落としており、現在もほぼその数の人々がウイルスと共に生きています。 それにもかかわらず、エイズはグローバル・ノースの多くで大衆の意識からほとんど離れており、そこにいる多くの人々はアフリカの状況に気付いていない可能性が高い. アフリカにおける HIV/AIDS 研究の状況は? 公衆衛生対策は適切ですか?

アフリカでは HIV/AIDS が西側諸国や先進国よりもはるかに蔓延しており、私たちにとって、どの家族にも AIDS で亡くなった人がいます。 しかし、非常に一般的なレベルでは、大幅な改善が見られます。 過去 XNUMX 年間で感染率は低下し、母子感染率も低下し、エイズによる死亡者数も減少しています。 人々は今、はるかに長生きしています。 そして、多くの介入が行われているのを見てきました[公衆衛生介入は、人々の健康を改善するための取り組みや政策を説明しています]。 人々は抗レトロウイルス療法 (ART) にアクセスできますが、自発的なカウンセリングと検査 (VCT) および検査センターに関する介入も見られます。 テストへのアクセスは大きな問題ではありませんが、パートナーに通知することは大きな問題になる可能性があります。 パートナーの XNUMX 人がテストに参加する場合、私たちは革新的であるよう努めており、他のパートナーにも通知してテストに参加してもらう方法を見つけようとしています。 その他の介入としては、例えば、タンザニアのすべての妊婦は、母子感染を減らすための手段として検査を受けるように助言されており、医療提供者は、人々が検査に行くのを待つのではなく、患者と一緒に検査を開始しています。 . このように、流行自体を理解しようとすることだけでなく、それに対処しようとすることに関しても、アフリカでは多くのことが行われています。 特に世界エイズデーに向けて大規模な検査キャンペーンが行われたため、感染と予防、および検査へのアクセス方法を人々が理解しているという点で、知識レベルは非常に高くなりました.

Q: これはアフリカ全体に当てはまりますか、それとも地域的な違いはありますか? あるとすれば、何が彼らを駆り立てているのでしょうか?

HIV/AIDS の有病率には、アフリカ全体でばらつきがあります。 一部の国、特に南アフリカ、ナミビア、ボツワナなどのアフリカ南部の国では、感染率が高くなっています。 しかし、北部の国では、感染率はそれほど高くありません。 これらの地域差の理由は複雑であり、非常に全体的な観点から HIV 感染を見る必要があります。 貧困、教育、文化、ジェンダーの不平等は、アフリカ全体でばらつきを引き起こす要因です。 南アフリカのような一部の国では、ここ数年で感染率がわずかに増加しています。 しかし、最も懸念されるのは、若者全体の感染率の増加です。

Q: これらの懸念に対処し、パンデミックと闘う上での科学の役割は何だと思いますか?

アフリカでは、行動科学、社会科学が、HIV 感染の根底にある理由を理解しようとし、特定のグループが他のグループより脆弱である理由を伝えるという点で非常に重要です。 これは、これまでに実施された健康への介入に影響を与えた種類の知識であり、一方では非常にうまく機能しています.

しかし一方で、臨床試験に関しては、アフリカの状況ではあまり見られません. タンザニアでは、ワクチンを探す研究がありますが、アフリカで進行中のプロジェクトの多くは、政府が競合する優先順位を持っているため、外部資金に依存しています. 彼らは、飢餓と栄養失調、または COVID-19、および注意を必要とする他の多くの問題に対処しなければなりません。 研究に対する政府の資金提供は少なく、実際には全体的に減少しているため、長期にわたる臨床試験への投資レベルは高すぎます。 その代わりに、私たちにとって科学は、行動、それを理解し、対処することを通じてもたらされます。 HIV/AIDS 研究への資金提供は、10 ~ 15 年前に比べて大幅に減少しています。 行動を変え、人々に感染を理解させ、保護を使用するための非常に積極的な教育キャンペーンの後、感染率は低下しました。 しかし今、時が経つにつれ、この努力をやめるべきではありません。なぜなら、新しい世代がやってくるからです。同じ努力を続けなければなりません。 継続的な投資が必要な問題です。

Q: 科学はより多くの投資を必要としますが、科学が提供する利益へのアクセスは健康と福祉にとって不可欠であるため、科学は重要な役割を果たしています。 アフリカでは、治療、検査、予防へのアクセスは公平ですか? 課題は何ですか?

私の観点からは、タンザニアでは公平だと言えます。 検査センターがあり、村の保健施設でも検査が無料で受けられ、検査で陽性が出ればカウンセリングを受けたり、薬を飲んだりできるという意味で平等です。 全体として、これは科学の恩恵へのアクセスを提供する良い例です。 問題の XNUMX つは、男性用コンドームはありますが、女性用コンドームはあまりないということです。 これは、特に若い女の子の場合、コンドームの使用について議論する際に力の不均衡があることを意味します. 女性のセックス ワーカーは、女性用コンドームの使用について交渉する必要がないため、女性用コンドームを使用することでより安全になると述べています。 これは、予防措置に公平にアクセスするという点で問題です。 もう一つの問題はスティグマです。 他の人が知らない場所で検査を受けたり、薬を服用したりするためにXNUMX時間移動する人もいます.

Q: あなたの研究は、このパンデミックを理解しようとするとき、スティグマが重要な考慮事項でなければならないことを明らかにしています。 同性愛は社会的タブーであり、タンザニアでは同性愛関係は犯罪とされています。 これは HIV/AIDS 研究にどのような課題をもたらしますか?

同性関係は私たちの文化のオープンな部分ではなく、同性関係について研究していると公然とは言いません。 それはコミュニティが話したくないことであり、研究が同性愛を助長していると見なされることもありました. これはアフリカ全体で異なります。 たとえば、南アフリカでは、同性愛はそれほど問題ではありません。 しかし、タンザニアのように同性愛が犯罪化されている国では、人々、特に政策立案者に、同性愛関係とエイズ予防に関する調査と擁護の必要性を理解してもらうことは大きな課題です。 同性関係は、健康介入や地域プログラムの対象ではありません。 HIV/AIDS を研究する際には、多様な人口グループを含めるために全体論的な見方をすることが非常に重要です。

Q: 社会がそれについて話したがらず、同性関係を含む研究に反対するかもしれない場合、HIV/エイズ研究における科学的自由を確保するのは誰の責任ですか?

HIV 予防のための何かに科学的価値がある場合、私たち研究者はそれを実行し、研究し、科学に立ち向かわなければなりません。 しかしまた、アフリカ諸国が実際に独自の研究を行い、必要な技術と資金にアクセスできるようにする能力を構築する必要があります。

Q:どんな変化を望んでいますか?

科学は、はるかに簡単で目立たない、より高度な治療法を考え出す必要があります. たぶん、XNUMX回の注射またはXNUMX回の錠剤です。 COVID ではこれが起こっているのを見ましたが、HIV ではなぜこんなに時間がかかるのですか? 利用者に負担をかけない治療が必要であり、それが HIV 感染に関連するスティグマと闘うのに役立ちます。

Q: 読者、特にエイズが蔓延していない北半球の読者への最後のメッセージはありますか? HIV/エイズ研究はなぜ重要なのですか?

8年代、エイズは死刑宣告でした。 現在、エイズと共に 30 年間生きてきた人々を知っており、エイズ患者の生活の質は大幅に向上しています。 しかし、やるべきことはまだあり、生活の質はさらに向上させることができます。 また、質の高いヘルスケアなど、科学の恩恵にアクセスできることも人権の XNUMX つです。 いくつかの異なる薬を服用しなければならない現在、私たちが持っているものは最良の選択肢ですか? 私たちはワクチンにたどり着くでしょうか? これらの方向に沿った進歩は、HIV/エイズがあまり目立たない国の人々を含め、すべての人に利益をもたらします。

科学の自由と責任に関する ISC の取り組みについて詳しく知る

科学における自由と責任

科学技術の進歩を分かち合い、その恩恵を受ける権利は、世界人権宣言に記されており、科学的調査に従事し、知識を追求し、伝達し、そのような活動に自由に参加する権利も同様です。


世界保健機関 (WHO) による画像。

コンテンツにスキップ