ユーザー登録

経済刺激策を使用して、回復力があり、気候に優しい経済構造を構築する

ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所の科学マネージングディレクターであるマンフレッド・フィシェディック博士は、持続可能で、気候に優しく、資源効率が高く、とりわけ回復力のある経済を形作る投資を動員する必要性について論じています。

このブログは コロナ持続可能性コンパス イニシアティブ。

COVID-19の蔓延を阻止し、適切なワクチンを開発するための作業が現在世界中で進行中です。 これは絶対に正しく重要であり、公衆衛生システムの機能を維持し、ウイルスに感染した人々のケアを提供することと同じくらい最優先事項です。

同時に、コロナウイルス危機の巨大な短期的な経済的影響は、国内の企業が事業を継続し、危機後の経済回復に貢献できるように、適切な手段で取り組む必要があります。 これには、十分に迅速な対応と幅広い影響を実現するために、率直で実用的かつ非官僚的な取り組みが必要です。

長期的な危機管理のメカニズムも必要です。 各国は通常、経済を復活させるために広範な経済刺激策を開始します。 2008/2009年の経済危機の間に得られた経験は、利用可能になった資金をどのように使用すべきか、そして可能な限り早い段階で可能な限り最大の操舵効果をどのように達成できるかを考えることが賢明であることを示しています。 今後の変革に関連するかなりの課題を考慮すると、これは特に、投資を動員して、持続可能で、気候に優しく、資源効率が高く、とりわけ回復力のある経済を形成することを意味します。

これには、欧州グリーンディールの原則と目的、特に遅くとも2050年までの温室効果ガスの中立性に基づく「グリーンリカバリー」プログラムが必要です。 現在の危機的状況では、気候変動の未チェックの継続ははるかに広範囲につながる可能性があるため、気候保護要件の緩和を支持する声に今すぐ諦めて従うことは、まったく間違った戦略です。そして、壊滅的な世界規模の持続的な危機。

経済刺激策を設計する際に考慮する必要のある回復力のある経済構造の重要な構成要素は投資です。

  • 特に一般的な関心のある製品とサービスおよび基本的なサービス(例えば、医療制度のための商品)のための生産の地域構造の強化された開発において
  • 物質サイクルの連続的であるが一貫した閉鎖のための構造的変化へ(サーキュラーエコノミー)
  • グリーン生産プロセスの開発の加速(例えば、水素ベースの鉄鋼生産方法)
  • 適切な供給インフラの確立または拡大(例えば、近隣諸国と協力して安全な供給源を備えた水素経済に着手する)
  • 「グリーン製品市場」の開発において、たとえば公共調達による政府のインセンティブ、または製品基準の(自主的な)設定(たとえば、自動車生産のための気候に優しい鉄鋼およびプラスチック)
  • 気候にやさしい製品やサービスの設計、開発、テストのための新興企業や中小企業向けの開発インフラストラクチャ(Li​​ving Laboratoriesなど)の確立、および利害関係者の旺盛な需要と専門知識を調整するための刺激プログラム。

例と呼ばれる措置は、第一に気候保護と資源効率の向上に貢献しますが、第二に、危機の経験後に必要と思われる輸入への部分的な一方的な依存の削減、したがってグローバルなバリューチェーンの削減に貢献します。 経済的な観点から、これに関連する回復力の向上は、明確な測定パラメータがまだ不足している場合でも、将来的にはまったく異なる方法で評価される可能性があります。 しかし、言及された措置が巨額の投資に関連しているだけでなく、景気循環の構造的変化や数十年にわたって発展してきた構造の放棄にも関連していることも明らかです。  しかし、今ではないにしても、ビジネスや政治の世界ではとにかく例外的な時期に、依存関係を克服し、刺激的な投資を使用して、とにかく必要な変革プロセスを加速し、投資を加速する良い機会です。

このテーマに関する詳細については、次のWebサイトで入手できるディスカッションペーパーを参照してください。 https://wupperinst.org/a/wi/a/s/ad/5020/

Manfred Fischedickは、ヴッパータール研究所の科学マネージングディレクターであり、ヴッパータール大学のSchumpeter School of Business andEconomicsの教授です。 彼は、エネルギーと気候政策の問題について、欧州連合、ドイツ連邦政府、さまざまなドイツの州、およびさまざまな業界の企業に相談しています。


コロナ持続可能性コンパス–今日管理し、明日マスター

Corona Sustainability Compassは、IBS(Umweltbundesamt)がISC、Future Earth、Stiftung2°(Foundation2°)と提携して主導する新しいイニシアチブです。 こちらをクリックしてください


写真: Uwe Schinkel、EnergieAgentur.NRW(CC BY 2.0)

コンテンツにスキップ