ユーザー登録

幸福とGDP:21世紀の人間開発の課題と機会

スタンフォード・ビジネス・スクールのデビッド・C・コーテン氏は、人間開発再構築プロジェクトの一環としてのエッセイの中で、人類の定義的な経済目標はGDPの成長なのか、それとも人々と生きている地球の福祉の確保なのか、と問うている。 長い読み取り

XNUMX月中、ISCは、人間開発の再構築に関する専門家によって書かれたエッセイを特集します。 これはUNDPとの共同プロジェクトです。 ISCメンバーとあなたのネットワークが参加することをお勧めします。 プロジェクトのホームページにアクセス ページ をご覧ください

21世紀の人間開発の再編が大いに必要とされています。 国際学術会議と国連開発計画からの議論への貢献を光栄に思います。 議論の明確な焦点は、国連が長い間回避してきた問題にあることを提案します。GDPを成長させる、または人々と生きている地球の幸福を確保するという人類の明確な経済目標ですか。

低所得国の経済発展への世界的な取り組みは、第二次世界大戦が終わる少し前に国際的な牽引力を獲得し始めました。 1980年代半ばまでに、私たちの人生をその目的に捧げてきた私たちの多くは、何かがひどく間違っていると結論付けました。

免疫化やその他の公衆衛生対策を通じて人々の寿命を延ばす上で重要な進歩が見られました。 しかし、GDPで測定されるように、正式なセクターの生産と消費の成長に焦点を当てることは、ほとんどの人々の本質的なニーズを無視し、地球の自然システムの要件を完全に無視しました。 人々は彼らの生活手段の制御を剥奪され、地球は生命を維持する能力を剥奪されていました。 これらの憂慮すべき結果は悪化し続けています。 続きを読む。


による画像 クインDombrowski on Flickrの.

コンテンツにスキップ