知的財産を使用してCOVID-19ワクチンの方針と配布を支援する

知的財産を戦略的に理解して利用することで、COVIDの救済と持続可能性への移行をグローバルに加速させることができます。

知的財産を使用してCOVID-19ワクチンの方針と配布を支援する

COVID-19ワクチンは、オープンサイエンスの記録を打ち立てたグローバルなコラボレーションの枠組みの下で、記録的な需要により、記録的な速さで開発されました。 現在、世界中の政府が緊急使用のためのさまざまなワクチンを承認しており、今や世界的な流通に関する課題が始まっています。 米国、英国および他の裕福な国が持っているけれども ロールアウト および 製造上の問題、グローバルノースのこれらの国々は、持っている人と持っていない人の間の格差を広げています 自分でワクチンを購入する.

延長後 批判 活動家、政府間組織、科学コミュニティから、G7のリーダーがついに ワクチンの寄付について審議する 発展途上国への、しかし彼らはまだこの普及の速度で分かれています。

政府、業界、慈善家は、多数のワクチン開発研究とその後の製造プロジェクトに多額の資金を投入しました。 オープンサイエンスの台頭によって定着したこれらの前例のない開発に加えて、知的財産(IP)の使用も積極的に中断されました。  

特許(または特許取得の見通し)は、環境にやさしい技術や持続可能な形態を使用する技術の開発を支援するのと同じように、COVID-19ワクチンの検索を支援したい人々に強力な投資インセンティブを提供できます。エネルギーの。 ライセンスメカニズムは、南北問題が持続可能な技術にアクセスするためだけでなく、COVID-19診断とワクチンにとっても重要です。 

持続可能性の移行を加速するための知的財産モデル(IPACST)プロジェクト、持続可能性への変革の一部(T2S)プログラムは、適切なIPモデルがあれば、知識の共有が盛んになり、技術移転が加速され、持続可能なイノベーションを育む共学習が可能になると主張しています。 

主要な12年間の国際的かつ学際的な研究プロジェクトであるIPACSTは、持続可能性、IP、イノベーション管理の分野を政治学と工学とともに結び付け、持続可能性の移行を加速する上でさまざまなIPモデルが果たす役割の理解を変革します。 これは、T2Sプログラムを通じて資金提供されたXNUMXの国境を越えた研究プロジェクトのXNUMXつです。 

IPの所有権を主張する企業だけが、IPをどうするか(たとえば、使用法の管理方法)を決定できます。 これは、IPを共有しない(つまり、他の人を除外する)ことから、すべての人が無料で使用できるようにライセンスを付与すること(たとえば、特許の誓約やオープンソースライセンス)にまで及ぶ可能性があります。 

パンデミックの深刻さを考えると、COVID-19ワクチンと治療法のいくつかの権利所有者は、他の人が発明を使用することを排除しないというオープンサイエンスイニシアチブに傾倒しました。 たとえば、米国のバイオ医薬品会社AbbVie 発表の COVID-19に対する関心のある抗ウイルス薬に関する特許を強制しないこと。 一方、ギレアデはXNUMX年間で独占権を取り消そうとしました 希少疾病用医薬品 COVID-19患者を治療する可能性があり、インド血清研究所はコロナウイルス関連の研究と製造の特許権を申請しないと発表しました。 

これらは、知的財産とオープンサイエンスの分野における比類のない進歩ですが、特にグローバルサウスでは、集団免疫に到達するのに間に合うようにワクチンを製造および配布するという大規模なタスクの妨げとなっています。  

「政策立案者は、公共財のこの分野でイノベーションを促進するためにいくつかのステップを踏むことができます。 パンデミックの初期段階では、ワクチンを迅速に作成して普及させるメカニズムとしてのパテントプールの有効性が浮き彫りになりました。 政府との交渉価格による自主的認可、IPと非IPのインセンティブの組み合わせの検討、または官民パートナーシップなどのIPコラボレーションのメカニズムは、迅速なワクチン接種を確実にするためのワクチン技術バリューチェーンのさまざまな段階の設計オプションです。 。」

–アンジュラ・グルトー、インド科学研究所教授。 IPACSTプロジェクトチームメンバー

新研究 裕福な国々は、世界の人口の14%しか占めていないのに、主要なワクチンメーカーから半分以上の用量を購入していることを示唆しています。 これは、70近くの貧しい国が9人に10人に予防接種をすることができないことを意味します。

「COVID-19ワクチンは、世界の公共財、人民ワクチンと見なされなければなりません」

–アントニオ・グテーレス、国連事務総長

IPの課題に取り組み、世界の集団免疫を支援するために政府が実施できるいくつかのステップは次のとおりです。 

政府は自主的なライセンス供与を促進しました: このオプションでは、政府は強制実施権を確立することを選択する代わりに、より低い価格について特許所有者と交渉します。 自主的ライセンスの交渉は、すべての当事者に合理的な料金を開放することができ、特許所有者の権利を妨げることはありません。 技術は、ワクチンの研究と製造への将来の探求の可能性を損なうことなく、公正、合理的、かつ差別のない条件で移転することができます。 一方、特許権者は、強制実施の先制措置として自主的実施を促進し、より良い関係と交渉のダイナミックさを活用することもできます。

譲渡可能/ローミング知的財産権: 顧みられない病気に関連する特定の製品を開発することと引き換えに、企業は選択した製品に追加のIPを授与されます。 これは、COVID-19に関連する薬剤またはワクチンの自主的なライセンス供与と引き換えに、同社が選択した個別の製品(たとえば、真新しい頭痛薬)についてさらに特許を取得することを意味します。

世界中の政治指導者は、COVID-19関連の知的財産権へのアクセスを改善するために障害を取り除く計画を策定しています。

IPドメインに関連して重要な開発が行われています。 政府によるこれらの前例のない努力は、特許がパンデミックとの戦いを妨げないことを確実にし、南部へのアクセスを確実にするのに役立つはずです。 これらの開発はまた、さらなる技術の進歩につながる可能性のある将来の可能性に光を当て、より広いコミュニティのためのイノベーションへの公平で包括的なアクセスの強い必要性に取り組みます。

IPは、グローバルなオープンイノベーションシステムを管理するツールとして使用できます。 現在、COVID-19パンデミックとの闘いを支援し、気候危機に対処できるIPオプションを検討し、実装することが急務となっています。 世界知的所有権機関(WIPO)は、国連政府間機関として、これらの議論において極めて重要です。


あなたも興味があるかもしれません:

COVID-19シナリオプロジェクト:

ISCは新しいCOVID-19プロジェクトを立ち上げ、パンデミックの楽観的かつ公正な終結を達成するためのオプションの理解を支援することを目的とした、中長期にわたるさまざまなシナリオの概要を示しています。

企業情報 IPACST 

IPACSTプロジェクトは、IPモデル(パテントプールと誓約、ライセンス、オープンソースなど)と持続可能性の役割に焦点を当てて、移行プロセスの理解を深める学際的な研究を構築します。 研究チームは、企業、政策立案者、資金提供組織、スタートアップインキュベーターなど、持続可能なイノベーションのためにエコシステムの関連する利害関係者と協力して、持続可能なビジネスモデルに適したIPモデルを選択および管理し、持続可能な技術、生産、消費パターンをサポートします。 


による写真 アルテム・ポドレス から Pexels

関連アイテムをすべて表示

コンテンツにスキップ