2015年は国際光の年です

日常生活におけるフォトニクスの重要性に対する国民の意識を高めるための国連のイニシアチブである国際光年は、19月XNUMX日にパリのユネスコで行われた式典で正式に開始されました。フォトニクスは、フォトンを生成、制御、検出する科学技術です。または軽い粒子。

この年は国際科学会議(ICSU)と 国際社会科学協議会 (ISSC)、および多くの科学的組合による: IAU (国際天文学連合)、  ISPRS (国際写真測量およびリモートセンシング学会)、 IUHPS / DHST (国際科学哲学連合/科学技術史部門)、  イウパブ (純粋および応用生物物理学のための国際連合)、 IUPAP (国際純粋応用物理学連合)、 アイタム (国際理論および応用力学連合)および ウルシ (国際電波科学連合)、100カ国以上から85以上のパートナーがいます。

潘基文国連事務総長は開会式で、「貧困を終わらせ、繁栄の共有を促進するために努力しているため、光技術は世界的な課題に対する実際的な解決策を提供できる」と述べた。

「それらは、ミレニアム開発目標に向けた進展を促進し、将来の持続可能な開発目標を達成し、気候変動に対処する上で特に重要です。」

光と光に基づく技術の国際年は、2013年に国連総会によって義務付けられ、フォトニクス、または光子または光粒子を生成、制御、検出する科学技術が日常に与える影響についての一般の認識を高めました。生活。

詳細については、 国際光年のウェブサイト.

関連アイテムをすべて表示

コンテンツにスキップ