生物多様性および生態系サービスに関する政府間プラットフォーム(IPBES)の外部評価レポートが利用可能になりました

生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)の最初の作業プログラムに関するISC主導の外部評価レポートが、国連の7つの公用語でオンラインで利用できるようになりました。 このレポートは、29年2019月XNUMX日月曜日にフランスのパリにあるユネスコ本部で開催されるIPBESの第XNUMX回総会で発表されます。

ISCは、学際的な専門家パネルを率いてIPBESプラットフォームをレビューしました。

レビューパネルは、 IPBES 正式な設立から7年間、XNUMX年間の活発な活動により、野心的ではあるが-コミットされた作業プログラム。 パネルはまた、XNUMXについていくつかの勧告を行ったth プラットフォームの作業のポリシー関連性を強化することに関して含めることを検討するプレナリー。

IPBESプレナリーは、29年4月2019日からXNUMX月XNUMX日まで開催されます。会議の情報は次のとおりです。 (詳細を見る)。.

レポートはここにあります: AR, EN, ES, FR, RU, ZH

国際学術会議は、2018年2019月からXNUMX年XNUMX月の間にレビューを調整しました。レビューのパネリストは次のとおりです。

ピーターブリッジウォーター、オーストラリア(共同議長); マリーナロサレス、ペルー(共同議長); ダグラスビアード、米国; Kalpana Latikumar Chaudhari、インド; Albert S. van Jaarsveld、オーストリア/南アフリカ; Karen Jenderedijan、アルメニア; ニコラスキング、南アフリカ; 小坂亮、日本; セリム・ルアフィ、フランス; カレマニジョセフムロンゴイ、コンゴ民主共和国/カナダ。

写真提供者:UnsplashのMaicolSantosによる

シェア:

コンテンツにスキップ