ICSUがIPBESのレビューを開始

レビューパネルは、PeterBridgewaterとMarinaRosalesが共同議長を務めます。

写真:アンスプラッシュによるデルフィデラルア

XNUMX月にレビューコーディネーターに選出された後、ICSUは現在、生物多様性および生態系サービスに関する政府間パネル(IPBES)のレビュープロセスを開始しています。 レビューは、IPBES加盟国によって選択された独立した10人の委員会によって主導されます。

このレビューでは、科学政策インターフェースとしてのIPBESの有効性を検証し、特にXNUMXつの機能の実装をレビューします。

  1. 科学的評価:生物多様性と生態系サービスに関する知識の状態を確認します。 現在までに、IPBESは2016つの評価を発表しました:2018つのテーマ(花粉交配者、2016年の受粉と食糧生産、2018年の土地劣化と回復)、方法論(2019年のシナリオとモデリング)、および地域(ヨーロッパと中央アジア、南北アメリカ、アフリカ、 XNUMX年のアジア太平洋)。 生物多様性と生態系サービスの世界的な評価はXNUMX年に公開されます。
  2. ポリシーサポート:ポリシー関連のツールと方法論を特定し、それらの使用を容易にし、それらのさらなる開発を促進し、
  3. キャパシティ&ナレッジの構築:加盟国、専門家、利害関係者のキャパシティ、知識、データのニーズを特定して対処し、
  4. コミュニケーションとアウトリーチ。

このレビューでは、事務局の機能、利害関係者の関与とパートナーシップの有効性、制度的および財政的取り決めについても検討します。 このレビューでは、2012年に作成されたIPBESの初期作業プログラムから学んだ教訓を収集し、未来志向の推奨事項を提供します。

パネルは、2018年XNUMX月までにドラフトレビューレポートを作成することを目的として、調査を準備し、インタビューを実施し、作業を整理します。


外部レビューパネルのメンバー

お名前所属
セリム・ルアフィ氏フランス、モンペリエ、CIRAD、生物システム学部上級研究員
小坂亮さん東北大学大学院環境科学研究科教授、仙台、日本
ピーター・ブリッジウォーター氏(共同議長)オーストラリア、キャンベラのキャンベラ大学応用生態学研究所およびガバナンスおよび政策分析研究所の非常勤教授
マリーナロサレスベニテスさん(共同議長)Universidad Nacional Federico Villarreal、リマ、ペルー
カレン・ジェンデレディジャン氏コンサルタント、エレバン、アルメニア
カルパナ・ラリトクマール・チャウダリさんインド、ムンバイの持続可能な開発と研究研究所(ISDR)の副社長
カレマニ・ジョセフ・ムロンゴイ氏カナダ、モントリオールのInstitute for Enhanced LivelihoodsIncの共同創設者兼社長
ダグラスビアード氏アメリカ合衆国、バージニア州レストン、米国地質調査所、気候および土地利用ミッションエリア、アソシエイトディレクター代理
アルバート・S・ファン・ジャースフェルド氏南アフリカ、ダーバンのクワズルナタール大学副学長
ニコラス・キング氏独立コンサルタント、南アフリカ、ケープタウン

シェア:

コンテンツにスキップ