ISCがUrbanHealth andWellbeingプログラムのレビューを公開

レポートは、国際科学会議(ISC)の都市の健康と福祉プログラムの独立した中期形成的レビューを文書化しています。

世界 アーバンヘルスアンドウェルビーイング(UHWB)プログラム 2014年に設立され、現在、国連大学国際グローバルヘルス研究所(UNU-IIGH)とInterAcademy Partnership(IAP)の共催で、中国の厦門にある中国科学院(CAS)から多大な財政的支援を受けています。 。

レビューは、XNUMX人の専門家からなる独立したパネルによって実施されました。 レビューはXNUMX年間のプログラムの次の段階を知らせることを目的としているため、レビューパネルは、成長と方向性の重要な領域を特定することに意図的に焦点を当てました。

主な調査結果

レビューパネルの全体的な評価は、国際プログラムオフィス(IPO)が野心的な「科学計画」と印象的な運営委員会、そして地元のホストを開発したというものです。

最初のXNUMX年ほどで、IPOは、計画に示されている目標と目的を達成する上でいくつかの課題を経験しました。 これらの課題は、新しいIPOで予想されるものであり、言語や人員配置に関連する問題から、期待の明確さまで多岐にわたります。 審査委員会は、政策関連の研究を生み出すというプログラムの核となるアイデアは野心的であり、限られたリソースを考えると、どのように進めるかについて慎重に再考する必要があるとの意見です。

提言

レビューパネルは次のことを推奨しています。

  • IPOのリーダーシップは、CASおよび運営委員会と協力して、目標と目的を関連性があり、実行可能で達成可能なものにするために、科学計画を改訂する必要があります。
  • IPOは、日常業務の舵と評価のフレームワークの両方として機能するロジックモデルや測定指標(主要業績評価指標など)を確立することを強くお勧めします。

審査委員会はまた、適切な人員配置措置が実施されれば、プログラムは次の最終段階で縮小された目標を定めた影響を可能にするのに十分な力を持っていると強く信じています。

シェア:

コンテンツにスキップ