COP 15に先立つ国際科学アドバイザーによる声明

ISC は、生物多様性条約の第 15 回締約国会議 (COP 15) に先立って、上級国際科学顧問による声明に支持を追加しました。

COP 15に先立つ国際科学アドバイザーによる声明

ISC は、15 の国または組織のアドバイザーによって署名され、カナダのチーフ サイエンス アドバイザー オフィスによって発表された COP 25 国際科学アドバイザー ステートメントを支持し、政府およびその他の利害関係者に次のことを求めます。 

ISC プレジデントのピーター・グラックマンは次のように述べています。

「生物多様性の喪失と生態系サービスの衰退は、人々の生活、生活、幸福を危険にさらしています。 ISC は、世界中の科学アドバイザーから各国政府への呼びかけを支持し、生物多様性の損失を食い止めるための投資と行動を強化することで、2020 年以降のグローバル生物多様性フレームワークにコミットするよう政府に促し、何が効果的かについての科学的証拠に基づいて情報を提供します。

信頼できる科学的アドバイスは、生物多様性の目標に向けた設計、運用化、および進捗状況の評価をサポートすることができ、GBF は科学の役割を明確に認識する必要があります。 私たちが自然を理解し、評価する方法を大きく変える時が来ました。」

COP15 国際科学アドバイザーの声明はこちらからダウンロードしてください.

COP 15 は 7 年 2022 月 15 日に始まります。会議に先立って、COP XNUMX での ISC のすべての活動について調べ、科学コミュニティからの XNUMX の重要なメッセージを読んでください。 こちら.


による画像 ジャムシェッド・ケドリ on Unsplash

関連アイテムをすべて表示

コンテンツにスキップ