ユーザー登録

手の届く範囲での変革:回復力のあるフードシステム

国際応用システム分析研究所(IIASA)と国際科学会議(ISC)は、国際ボーローグ対話2020のサイドイベントを開催しました。以下の記録を参照してください。
カレンダーに追加 2020-10-13 00:00:00 UTC 1970-01-01 00:00:00 UTC UTC 手の届く範囲での変革:回復力のあるフードシステム 国際応用システム分析研究所(IIASA)と国際科学会議(ISC)は、国際ボーローグ対話2020のサイドイベントを開催しました。録画は以下をご覧ください。https://council.science/events/food-resilience/

この仮想会議では、COVID後の回復プロセスが、より回復力があり持続可能な食料システムへの道をどのように促進できるかに焦点を当てます。

COVID-19の蔓延を食い止めるためにとられた措置によって引き起こされた食糧供給の混乱は、世界の多くの地域で食糧危機を引き起こし、貧しい人々や疎外された人々に不釣り合いな影響を与えています。 パンデミックへの対応から得られた知識をどのように使用して、回復プロセスが、すべての人に安全でアクセス可能な食品の十分な供給を保証する方法で、混乱に耐え、混乱から回復できる食品システムへの変革を支援することを保証できますか?

この仮想会議では、IIASA-ISCから生まれた変革的行動の重要な洞察と領域を紹介します。 コンサルティングサイエンスプラットフォーム 補完的な応用研究イニシアチブ。 それは、COVID後の回復プロセスがより大きな回復力と持続可能性に向けたフードシステムの変革を確実に支援するための経路を浮き彫りにします。

講演者:

詳細と議題について ここを参照してください。


経歴

2020年XNUMX月に 国際応用システム分析研究所(IIASA)と国際科学会議(ISC)は、IIASA – ISC諮問科学プラットフォーム:COVID後の世界への持続可能な前進を開始しました。 200つの組織は、強み、専門知識、大規模な科学コミュニティを組み合わせて、一連のオンライン相談から得られた一連の洞察と変革行動の重要な分野を考案しました。世界。 これらのオンライン相談は、科学システムの強化、即応性のあるガバナンス、回復力のある食料システム、持続可能なエネルギーのXNUMXつのテーマに焦点を当てています。 プラットフォームは、元国連事務総長の潘基文大使とメアリー・ロビンソン長老の議長の後援の下で諮問委員会によって通知され、サポートされています。 現在、このイニシアチブには次のパートナーがいます:Ban Ki-moon Center、Future Earth、Earth League、ViennaEnergyForum。 さらに詳しい情報

カレンダーに追加 2020-10-13 00:00:00 UTC 1970-01-01 00:00:00 UTC UTC 手の届く範囲での変革:回復力のあるフードシステム 国際応用システム分析研究所(IIASA)と国際科学会議(ISC)は、国際ボーローグ対話2020のサイドイベントを開催しました。録画は以下をご覧ください。https://council.science/events/food-resilience/
コンテンツにスキップ