ユーザー登録

会員になるには

下へスクロール
私たちは共に、世界の公共財として科学を前進させます。 世界的な科学的議論にあなたの声を加え、科学に対する世界的な声の一部になりましょう。

増え続けるグローバルに参加する メンバーシップ これは、社会の利益のために国際科学を強化し、世界中の科学のあらゆる分野から優れた科学と科学政策の専門知識を結集して統合する能力を構築するのに役立ちます。 ISC のメンバーになることで、あなたの教育機関は科学に対する世界的な声の一部となるでしょう。

メンバーシップカテゴリ

メンバーは、次のカテゴリの機関として ISC に準拠します。

  • カテゴリー1: 科学分野または科学分野の実践と促進に専念する国際科学組織。地域内の複数の国、または少なくとも 2 つの地域にまたがる国々から会員を集め、その会員は正式な協定、憲法によって結集されています。または同様の楽器。
  • カテゴリー2: 科学アカデミー、研究評議会、または国、地域、地域の幅広い科学分野や専門分野を代表する類似の非営利科学団体。
  • カテゴリー3: 主に現役の科学者で構成されるその他の国、地域、または世界的な組織。これには、カテゴリー 1 または 2 のメンバーの特徴を持つ若手科学者組織が含まれます。
  • カテゴリー4: 理事会の分野に関連する分野で活動しており、オブザーバーの地位が付与される可能性のあるその他の団体。これらは主に、科学の促進、科学コミュニケーション、科学教育、科学外交、または科学と政策の連携に関連する公的または国際組織であり、理事会はこれらの組織と直接関与することが理事会の利益にかなうと考えています。

適格基準

ISC は、個人のメンバーシップを提供していません。 大学は通常、会員資格を申請できません。あなたの機関が資格基準を満たしていない場合は、ISCの活動に参加することを検討してください。 メンバー.

ISCコミュニティに準拠する場合、メンバーはISCの価値観をサポートし、ISCに準拠することを約束します。 法令および手続規則 そして、世界的な公共財としての科学という ISC のビジョンと、科学に対する強力かつ信頼できる世界的な発言力を提供するという ISC の使命を堅持することです。 メンバーはコミュニティのイベントや活動に参加し、ISC に代表として参加するよう招待されます。 総会、およびISC科学に従事する プログラム および 関係団体.

申請書を審査する際には、 ISC理事会 以下の基準を考慮します。

  • 申請組織がその分野で科学的卓越性を示す場合
  • 申請組織のビジョン、ミッション、業務がISCの価値観と差別禁止原則( ISCの法令と手続き規則)
  • カテゴリー 1 の申請の場合: 申請組織が確立された、独立した、非政府かつ国際的な性質を持つ場合。国際機関は、ISC によって、世界中のすべての国の適切な組織が加入できる機関として定義されます。
  • 新規入学が ISC メンバーシップ内の分野のバランスにプラスの影響を与え、サブ分野の過度な断片化につながらない場合。
  • 申請組織が ISC コミュニティにもたらす全体的なメリット。

ISC会員の義務

ISC メンバーシップを遵守する場合、メンバーは以下の義務を負います。

  • ISCの価値観をサポートする 卓越性とプロフェッショナリズム、包括性と多様性、透明性と誠実性、革新性と持続可能性。
  • ISCのビジョンを遵守する 科学を地球規模の公共財として捉え、 ミッション 科学に対して強力かつ信頼できる世界的な声を提供すること。
  • ISCの法令および手続き規則を遵守するため、特に 科学における自由と責任;
  • ISCコミュニティの活動とのつながりを維持する会員はコミュニティのイベントや活動に参加し、ISC 総会に代表を送り、ISC の科学プログラムや団体と関わることが期待されます。
  • 年会費を支払う 総会で決定された基準の範囲内でISCに支払う必要があります。現在、カテゴリー1の正会員の会費は会員自身の会費収入によって決定され、カテゴリー2の正会員の会費は国のGDPに基づいています。賛助会員の会費は現在、530年には年間2022ユーロの固定料金です。

申し込み手続

ISC会員の申請は、ISC会員連絡担当者のAnne Thieme(anne.thieme@council.science) を送信してください:

  • 記入・署名された会員申込書、
  • 申請組織の定款(または同等の文書)のコピー
  • 申請者がISCの規則および手続規則を遵守する旨の署名入りの声明
  • 過去3年間の財務諸表。

既存の理事会メンバーの一部であった国際連合、協会、または同様の団体がカテゴリー1への加盟を申請する場合、申請者は加盟を申請する前に、関連するメンバーに通知し、その支援を求める必要があります(手順の規則8.3).

すでに評議会のメンバーがいる国、地域、領土の組織がカテゴリー2のメンバーシップを申請する場合、申請組織はメンバーシップを申請する前に既存のメンバーに通知し、支援を求める必要があります(手順の規則8.3).

すべての会員資格申請は ISC 理事会に送られ、理事会は ISC 本部に ISC 会員から申請に対する十分な支持があるかどうかを確認するよう依頼するかどうかを決定します。正会員の申請の場合、少なくとも 12 名のメンバー (カテゴリ 1 の会員 2 名とカテゴリ 1 の会員 2 名以上を含む) の支持が必要です。提携会員の申請の場合、少なくとも XNUMX 名のメンバー (カテゴリ XNUMX の会員 XNUMX 名とカテゴリ XNUMX の会員 XNUMX 名以上を含む) の支持が必要です。投票権を持つ会員は、上記の要求を受け取った後、申請者の会員資格について全会員の電子投票を求める機会が与えられます。そのような投票が要求されない場合は、理事会は ISC 会員から十分な支持を得た上で申請を決定します。反対意見の場合、理事会は申請者の会員資格について全会員の電子投票を求めることができます (手続規則8.4および8.5).

すべての申請は、承認された理事会のセッションの終了時から効力を発するものとする(手順の規則8.6).

お問い合わせ

ISCメンバーシップ連絡担当者にお気軽にお問い合わせください。 アン・ティーメ (anne.thieme@council.science) までお問い合わせください。また、すべての情報は 会員制ポータル.


による画像 ジェイミー・テンプルトン Unsplashで


コンテンツにスキップ