ユーザー登録

地球システム研究のビジョン:あなたの意見を持ってください

国際科学会議(ICSU)は、地球システム研究の未来を導くのに役立つ質問を収集するためのオンライン相談を開始しました。 ICSUは、15年2009月XNUMX日まで、科学界(自然科学者、社会科学者)、技術専門家、意思決定者、一般の人々を訪問して貢献するよう呼びかけています。

フランス、パリ–オンライン相談は、地球システムとその調整に対する統合された研究アプローチを開発することを目的とした地球システムビジョン化プロセスの始まりを示しています。
協議から集められた質問は、コメントのために科学コミュニティに戻る前に、専門家のグループによってドラフト研究戦略に蒸留されます。

ICSU地球システムビジョンタスクグループの議長であるウォルターリード博士は、次のように述べています。

「私たちは、科学の幅を超えて、バランスの取れたグローバルな視点を求めています。 また、初期のキャリアの研究者の参加を奨励しています。彼らは、今後数十年にわたって地球システム研究を形作る上で重要な役割を果たすでしょう。」

過去四半世紀にわたって、地球システム研究は、XNUMXつの主要な地球環境変化プログラムの開発とともに成長しました。 世界気候研究プログラム (WCRP)、インターナショナル 地圏-生物圏プログラム (IGBP)、国際人間次元プログラム(IHDP)、DIVERSITAS、および地球システム科学パートナーシップ(ESSP)。

これらのプログラムから得られた科学的研究は、評価を裏付けるのに役立つ結果を提供しました。 気候変動に関する政府間パネル、そして地域および国の科学と政策の議題に大きな影響を与えてきました。 この研究は、地球環境の変化と人間の幸福に取り組む上での人類の課題の緊急性と大きさを明らかにしました。

しかし、現在の研究構造は、地球を保護し、持続可能な人間開発を確保するという、最も差し迫った社会問題に答えるために必要な統合されたアプローチを提供していません。

「WCRP、IGBP、ESSPの最近のレビューでは、地球システム研究にはより良い調整が必要であると結論付け、ICSUとパートナーがそれを行う方法を模索することを推奨しました。 このビジョン化プロセスは、何を行う必要があり、どのように実行する必要があるかを特定します」とリード博士は述べています。

「社会の利益のために地球システム研究に従事し、促進し、そして発展させる緊急の必要性と機会のユニークな窓があります」とリード博士は言いました。 「このオンライン相談は、そのニーズを満たすための第一歩です。」

協議に参加するには、http://visioning.icsu.orgにアクセスしてください。 参加者は、調査の質問を投稿したり、コメントを提供したり、他の人から送信された質問に投票したりできます。 オンライン相談は、15年2009月XNUMX日の深夜(中央ヨーロッパ夏時間)に終了します。

地球システムのビジョン化プロセスは、ICSUが 国際社会科学協議会 (ISSC)。 ビジョン化プロセスに関する社説がScienceに掲載されました(Reid etal。Vol。325、17年2009月245日、XNUMXページ)。

コンテンツにスキップ