ユーザー登録

二酸化炭素除去技術と炭素回収・利用・貯留に関する IPCC スコープ会合に参加する専門家を募集 | 締め切り: 10 月 XNUMX 日

10 月 XNUMX 日までに ISC に推薦書を提出してください。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、国際科学会議に、 IPCC二酸化炭素除去技術および炭素回収・利用・貯留に関する方法論報告書は、IPCCの国別温室効果ガスインベントリタスクフォース(TFI)が主催し、2024年XNUMX月後半に予定されています。会場は近日中に確定します。

このスコープ会議では、2025年初頭にIPCCパネルが検討するための方法論レポートの範囲に関する勧告が行われます。各国政府の決定に続いて、2027回の主執筆者会議を通じて方法論レポートが作成され、最終レポートはXNUMX年末までにIPCCパネルによる承認が検討されます。

なお、ワークショップの作業は英語で行われます。


経歴

IPCC ワーキンググループIII 気候変動の緩和に関するワーキンググループIII 貢献 から 第XNUMX評価レポート (AR6)は「削減困難な残留排出を相殺するための二酸化炭素除去(CDR)の導入は、CO2またはGHG排出量の実質ゼロを達成するためには避けられない」 また、将来の緩和経路におけるCDR技術の役割の概要を示します(表TS.7)。

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 2006年 IPCC 国家インベントリ作成ガイドライン 炭素回収、利用、貯留活動による排出量を推定する方法を提供しているが、20年が経過し、新しい技術と新しい実証データの出現を考えると、見直しは時宜を得たものである。

このような状況を踏まえ、IPCCパネルは 60thセッションは、2024年XNUMX月に、 国家温室効果ガスインベントリに関するタスクフォース (TFI) 二酸化炭素除去技術、炭素回収・利用・貯留に関する方法論報告書を作成する、決定 IPCC-LX-9 パラグラフ 7。


募集中のプロフィール

スコープ設定会議に参加するために選ばれた専門家は、以下の吸収源または排出源の推定に関する専門知識を有します。

  1. 直接空気二酸化炭素回収・貯留(DACCS)
  2. バイオエネルギー炭素回収・貯留
  3. 二酸化炭素の回収、利用、貯蔵
  4. コンクリートの中性化
  5. 耐候性の向上
  6. 海洋アルカリ度の向上
  7. 沿岸湿地におけるブルーカーボン管理
  8. 農作物と草地における土壌炭素隔離
  9. 泥炭地と沿岸湿地の復元
  10. Biochar
  11. 海洋肥沃化
  12. 廃水処理/廃水アルカリ度
  13. 林業
  14. または上記以外の二酸化炭素除去技術

炭素回収、利用、貯留の専門知識の側面に関しては、選ばれた専門家は、以下の発生源または吸収源の推定に関する専門知識を有します。

  1. 二酸化炭素回収
  2. 二酸化炭素輸送
  3. 二酸化炭素注入
  4. 二酸化炭素貯蔵
  5. 二酸化炭素使用量:
    a. 石油、ガス、炭層メタン回収の強化
    b. 化学物質の製造
    c. その他の製品の生産

指名する方法

ISC は、以下の専門家を含むすべての関連専門家に候補者の推薦を呼びかけています。

  • 1つ完了 推薦書 候補者1人あたり
  • 候補者の 履歴書(最大4ページ)PDF形式

  • 推薦書には 2タブ (「情報」と「専門知識と出版物」)両方のタブに入力する必要があります
  • すべて 表示義務のある情報 推薦書に(*で示される)を記入する必要があります
  • すべての推薦は 専門分野を明確に示す 候補者の: 選択してください 少なくとも1つの専門分野を選択します。 最大数 確認できる専門知識は 8.

ISCはすべての推薦書を審査しアップロードする必要があるため、記入済みの推薦書を履歴書とともに以下の期日までに提出してください。 7月10 の上級科学責任者、Katsia Paulavets 氏へ katsia.paulavets@council.science.


お問い合わせ

カティア・ポーラヴェッツ

カティア・ポーラヴェッツ

シニアサイエンスオフィサー

国際科学評議会

カティア・ポーラヴェッツ

による写真 アン・ナイガード on Unsplash

コンテンツにスキップ