ユーザー登録

関心のある表現を求める:都市の健康と福祉のモデル化–政策と行動の結果の伝達

都市の健康の分野におけるモデラーと政策/意思決定者の間のコミュニケーションと対話を可能にすることによってこの情報のギャップを埋めることを目的とするこのワークショップには、関心のある表現が考えられます。 ワークショップは、28年29月2016〜XNUMX日に中国の厦門で開催されます。

このワークショップは、「都市の健康と福祉:システムアプローチ」に関するICSU-UNU-IAMPプログラムが主催し、ICSU(国際科学会議)が共催しています。 (世界保健機構)、 国連大学 (国連大学)と IAMP (InterAcademy Medical Panel)。

参加者は、次の(およびその他の)質問に答えるためにディスカッションに参加します。

  • 都市の健康と福祉のモデル化からどのような政策的含意を引き出すことができますか?
  • 都市の健康と福祉を改善するために協力できるのはどのアクターですか?
  • 健康と福祉を改善するために共同生産できる都市(民間および公共)の商品とサービスはどれですか?
  • 都市の健康モデリングの結果を利用することにより、都市の監視および制御システムをより効果的にするにはどうすればよいでしょうか。
  • 科学技術は、都市の健康と福祉のための集団的知性の構築にどのように役立つでしょうか?

これは、科学政策ワークショップを発表し、参加するための関心の表明の呼びかけです。 プレゼンテーションは、都市の健康と福祉に関連している必要があります。 プレゼンターは、意思決定者に知識を伝え、議論に参加することに関心を持つ必要があります。

発表者と参加者の数には限りがあります。 プレゼンターの旅費と宿泊費は、プログラムによって完全にカバーされます。 参加者以外の参加者の旅費と宿泊費を賄うための資金は限られています。 ワークショップの食事とすべての料金は、プログラムの対象となります。


コンテンツにスキップ