ユーザー登録

ナノマテリアルの説明方法–パリでのICSUワークショップ

ナノテクノロジーの基準の作成に関与するいくつかのグループからの要請に応えて、国際科学会議と コデータ、ICSU科学技術データ委員会は、ナノスケールで材料を記述するための基準を検討するために、23年24月2012〜51日にワークショップを開催しました。 XNUMXの国際労働組合の代表を含む合計XNUMX人の国際専門家が出席した。 ISO技術委員会 ナノテクノロジー、産業界、政府、学界、国家規格開発組織、および OECD.

ナノスケール(約1nmから100nm)の寸法の材料は、巨視的な材料とはまったく異なる構造、特性、および相互作用を持っています。 参加者は、関心のある利害関係者間の情報に基づく相互作用を含む多くの目的のために、分野に依存しない記述システムが必要であることに同意しました。

ICSUは、この問題に幅広い科学的視点をもたらす独自の立場にあることが認められました。

ワークショップでは、堅牢な記述システムの開発を導くための原則を定義しました。 これらには、国際協力に開かれたプロジェクトのための明確に定義されたガバナンスシステムの必要性、多くの分野の研究者による貢献を可能にするインセンティブとメカニズム、およびエンジニア、公的機関、一般などの「ユーザー」グループのニーズの包含が含まれます。公衆。

記述システムの要件をより徹底的に決定するために、できるだけ早く規範前のプロジェクトを開発することが決定されました。 このようなプロジェクトは、ICSUに代わってCODATAが主導することができます。

[関連項目 id=”1444”]

コンテンツにスキップ