ユーザー登録

ニューヨークでの第3回STIフォーラムでのICSU

持続可能な開発目標のための科学、技術、イノベーションに関する第XNUMX回年次マルチステークホルダーフォーラム(STIフォーラム)が今月初めにニューヨークの国連で開催されました。

ICSUは、SDGsの技術促進メカニズム(TFM)をサポートする10​​XNUMX人のメンバーからなるグループのメンバーであるハイデハックマン常務理事を通じてフォーラムで役割を果たしています。 このイベントは、SDGsを実現することに共通の関心を持つ科学、技術、ビジネス、市民社会のコミュニティを結集します。 ICSUは、XNUMX日間で多くのイベントに参加しました。

イングサ 議長のSirPeter Gluckmannは、ICSUに代わって、技術促進メカニズムの実施に向けた前進についてのセッションを司会しました。 ICSUは、SDGsのシステム分析と能力開発について、IIASA、WFEO、Children and Youth Major Groupと共同でサイドイベントを開催し、SDGsがもたらす変革の課題に取り組むための人的資本の構築の重要性と科学に基づく必要性を強調しました。 SDGsの相互作用に関するICSUレポートや2050年の世界プロジェクトなどのSDGsへの統合アプローチ。

ICSUは、利害関係者フォーラムと協力して、都市に焦点を当てた食料-エネルギー-水ネクサスの解決策に取り組むための第XNUMXのサイドイベントを共催しました。 このイベントでは、ICSUが管理するXNUMX人の助成対象者が参加しました LIRAプログラム。 議論は、健康、エネルギー、水に関連する課題に取り組むために科学者と地域社会の間に有意義な協力関係を構築する学際的アプローチの必要性に焦点を当て、LIRAの助成対象者はアフリカの急成長中の都市での仕事の例を紹介しました。

コンテンツにスキップ