ユーザー登録

ICSUはハザードと災害に関する会議を主催します

昨年開始されたイニシアチブに基づいて、国際科学会議(ICSU)は本日、環境ハザードと災害に関する最初の会議を開催しました。 ICSUのアジア太平洋地域事務所の正式な発足に関連して開催されたこの会議では、自然および人為的危険が壊滅的な出来事になるのを防ぐために科学をどのように使用できるかについて話し合いました。 ユネスコ、ジャカルタの科学地域事務所を通じて、そして マレーシア科学アカデミー 会議に共催した。

マレーシア、クアラルンプール–記録された自然災害の数は、100年の1940年あたり約2800から、1990年代の2004年あたり約XNUMXまで、最近劇的に増加しています。 残念ながら、アジア太平洋地域はそのような出来事に不思議ではありません。たとえば、XNUMX年末に発生したインド洋津波です。最近の災害の他の例としては、ハリケーンのカトリーナとウィルマ、カシミールの地震、地滑りなどがあります。フィリピン。 このような災害は、年間数百万人を殺害、負傷、または避難させ、数千億ドル相当の被害をもたらします。

本日の会議は、ICSUが昨年立ち上げたハザードに関する主要な新しいイニシアチブの計画と関連しています。 このプログラムは、これまでに国際的な科学界によって行われた作業に基づいており、自然災害や人為的危険が壊滅的な出来事になるのを防ぐために科学を使用することを計画しています。 洪水や地震を止めることはできませんが、これらの出来事が経済的および人的災害になるのを防ぐことができるはずです。 しかし、これを行うには、科学者と政策立案者がより緊密に協力する必要があります。

たとえば、政策立案者は、自然災害が広範囲にわたる荒廃を引き起こすのを防ぐのに役立つ科学的証拠にもっと注意を払う必要があります。 次に、科学者は、政策立案者が研究を意思決定プロセスに統合する方法をよりよく理解できるように、研究を伝達する新しい方法を見つける必要があります。 さらに、なぜ災害が増加しているのか、そしてどの人間の活動がその影響を悪化させたり弱めたりする可能性があるのか​​を知るための新しい研究が緊急に必要とされています。 最後に、国民はまた、差し迫った危険や政策立案者による決定について常に情報を提供する必要があります。

「XNUMX年後には、死亡する人が減り、悪影響が減り、より賢明な投資が行われるようになるはずです」と、 ウェスタンオンタリオ大学の壊滅的損失削減研究所の方針 環境ハザードと災害に関するICSUスコーピンググループの議長。

本日の会議の講演者は、極端な気象現象、地震予知、地滑りと地火、津波早期警報システム、2004年の津波がインド洋地域の生活に及ぼす影響などの危険に焦点を当てました。 「この会議は、ICSUのアジア太平洋地域事務所が主催する最初の活動です」と地域事務所のディレクターであるMohd NordinHasanは説明しました。 「それはまた、開発途上国の科学者が議題を設定し、最終的には環境ハザードと災害に関する国際的な研究に従事することへのより大きな関与の始まりを示しています。」

コンテンツにスキップ