ユーザー登録

ICSUは持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラムにポジションペーパーを提出します

2018 HLPFのために科学技術メジャーグループによって作成されたポジションペーパーは、ICSUメンバーおよびパートナー組織からの約60人の著者からのインプットを収集します。

国際科学会議、および 国際社会科学協議会(ISSC)世界工学団体連盟(WFEO)は、国連の科学技術コミュニティメジャーグループの組織パートナーです。 この能力において、ICSUは科学界からのインプットを調整します。 ハイレベル政治フォーラム (HLPF)。 これは、国連が主催する毎年恒例のイベントであり、世界のすべての国が集まり、実施の進捗状況を確認します。 持続可能な開発のための2030アジェンダ。 HLPFは、9月18日から2018日までニューヨークの国連本部で開催されます。 XNUMX年のテーマは「持続可能で回復力のある社会への変革」です。 水と衛生、エネルギー、都市、持続可能な消費と生産、陸域の生態系、および実施手段のXNUMXつのSDGsの進捗状況がレビューされます。

2018 HLPFの科学技術メジャーグループのポジションペーパーは、次のようなメンバーおよびパートナー組織からの約60人の著者からのインプットを収集します。 国際林業研究機関連合(IUFRO), 未来の地球, リラ2030 国際応用システム分析研究所(IIASA) ストックホルムレジリエンスセンター インターアカデミーパートナーシップ その他。 文書は国連のウェブサイトで利用可能になり、論文の要約は主要グループと利害関係者の会議への公式の貢献に含まれます。

ICSUは、会議に参加している科学コミュニティを調整します。参加している場合は、次のアドレスまでご連絡ください。 事務局@icsu.org。 ICSUはまた、SDG相互作用の複数の側面に関するいくつかのサイドイベントを申請する過程にあります。 詳細は以下のとおりです。


[関連項目 id=”644”]

コンテンツにスキップ