ユーザー登録

ICSU-リオ+20のためのユネスコ地域科学技術ワークショップ

2011年XNUMX月からXNUMX月の間に、ICSUと ユネスコ アジア太平洋、ラテンアメリカとカリブ海、アフリカ、アラブ諸国、ヨーロッパの20つのリオ+XNUMX地域科学技術ワークショップを開催しました。

地域ワークショップは大成功を収め、各地域の自然科学者、社会科学者、エンジニア、そして高レベルの政策立案者や他の利害関係者グループの代表者が一堂に会しました。 これにより、各地域の科学技術コミュニティは、Rio + 20プロセスのための共同の立場と協調したインプットを準備し、政策立案者や他の主要な関係者と彼らの見解を話し合う機会を与えられました。

ワークショップは、ICSUの継続的な準備の一部です。 リオ+20会議、2012年XNUMX月にブラジルのリオデジャネイロで開催されます。

ワークショップの全体的な目的は、科学技術コミュニティからの地域固有の知識、優先順位、懸念をRio +20に統合することです。

ワークショップの結果は現在、政府間リオ+20地域準備会議(RPM)でICSU代表団によって発表されています。 アジア太平洋、ラテンアメリカ、カリブ海、アフリカ、アラブ諸国のRPMが実施されました。 ヨーロッパのRPMはXNUMX月の初めに行われます。

ICSUは、「科学技術コミュニティ」メジャーグループの共同組織パートナーであるため、Rio +20で果たすべき重要な役割を担っています。 世界エンジニアリング組織連盟 (WFEO)。 これは、Rio + 20会議、および会議の準備プロセスのすべての段階で政府と一緒に参加するXNUMXつの「主要グループ」(非政府の利害関係者グループ)のXNUMXつです。

地域ワークショップはICSUとユネスコによって開催されましたが、ICSUとユネスコと協力してICSUナショナルメンバーのヨーロッパグループによって開催されたヨーロッパワークショップは例外です。 すべてのワークショップは、世界工学団体連盟(WFEO)と協力して開催されます。 国際社会科学協議会 (ISSC)およびその他の地域の利害関係者。



コンテンツにスキップ