ユーザー登録

ICSU / CODATAが世界情報社会サミットのオンラインフォーラムを立ち上げる

国際科学会議(ICSU)と科学技術データ委員会(CODATA)は本日、「オープンアクセス」オンラインフォーラムを立ち上げ、国連世界サミットに向けて国際科学技術コミュニティからの議論を生み出しました。情報学会(WSIS)。

フランス、パリ–「フォーラムの全体的な目的は、S&Tコミュニティのすべてのセクターから意見を求めることです」とICSU副所長のDr.CarthageSmithは述べています。 「最終的には、その情報を使用して、政府、企業、業界、市民社会など、情報社会の他の利害関係者と対話します。」

ICSUのホームページ(www.icsu.org)からアクセスできるフォーラムは、次のXNUMXつのテーマで構成されています。

  • 意思決定とより良いガバナンスのための科学的データと情報
  • 国際的に科学知識への普遍的なアクセスを確保する
  • 世界の公共財としての科学的データと情報
  • 科学的なデータと情報を使用して、教育とトレーニングのすべてのレベルを改善する

議論を始めるために、各テーマに関連する問題を概説した非公式の背景紙がすでに投稿されています。 参加者は、最初のトピックに返信するか、既存のテーマのXNUMXつで新しいトピックを生成するように招待されます。

フォーラムは、KuvelkerAssociatesおよびKuvelkerLawFirmの社長であるSubhashKuvelkerが司会を務めます。 Kuvelker氏は、以前は米国政府の先端技術プログラムのマネージャーを務めていましたが、現在は全米アカデミーやその他の組織の科学、技術、経済学、法律に関連するプロジェクトのコンサルタントです。

フォーラムは28年2003月12日金曜日までアクティブなままで、その後は情報を参照できるようになります。 収集された情報は、2003年XNUMX月XNUMX日(パリ)にICSU / CODATA / UNESCOの合同ワークショップに送られ、国際科学技術コミュニティの専門家がまとめて重要なメッセージを抽出します。 各テーマの簡単な要約文書は、印刷物とオンラインで利用可能になり、WSISの利害関係者の間で広く配布されます。


コンテンツにスキップ