ユーザー登録

ICSUの新しい世界データシステムが東京に新しい国際プログラムオフィスを開設

ICSUの新しい 世界データシステム (WDS)は、本人の前での公式式典で9月XNUMX日に東京に新しいオフィスを開設しました。 川端達夫日本総務大臣、李遠哲国際科学会議(ICSU)会長。

出席した高官の中には本人がいました。 文部科学大臣の神本美恵子氏、情報通信研究機構(NICT)の宮原秀夫所長、新しい国際プログラム事務局も主催します。 大西隆理事長、スティーブン・ウィルソン理事長も出席しました。

WDS International Progamme Officeは、WDSの設立と運営を管理および調整し、アウトリーチの責任を負います。 それは、科学データの問題に取り組んでいる一流の科学者を集めたICSU世界データシステム科学委員会の指導の下で行動します。 WDSの初代事務局長および国際プログラム事務局長はMustaphaMokrane博士です。

WDSの作成は、ICSU世界データセンター(WDC)の50年の遺産と 天文および地球物理学データ分析サービス連盟 (FAGS)は、国際的な科学コミュニティやその他の利害関係者の利益のために、学際的および学際的なアプリケーションを育成するために、データ管理コンポーネント間の高度な相互接続によって提供される可能性を構築しようとしています。 WDSは、科学的データの管理と提供のための世界的な「卓越したコミュニティ」になることを目指しています。

「社会は、気候変動や持続可能な開発など、非常に複雑で相互に関連する問題の解決を支援するために、科学をますます求めています。 しかし、これにはデータを含む科学自体がより統合され、グローバルになる必要がありました」と、ICSUのリー大統領は述べ、世界データシステムのビジョンは、今日のデータ本体のコレクションを統合された相互運用可能なシステムに変換することであると付け加えました。

[関連項目 id=”1442”]

コンテンツにスキップ