ユーザー登録

来週ロンドンで会合する新しい都市科学政策専門家パネル

都市化に関する世界をリードする30人近くの専門家が来週ロンドンに集まり、新しいUCLの最初の会議を開催します。自然の持続可能性 SDG11と新しい都市アジェンダの実施を支援するための都市科学政策インターフェースの強化に関する新しい勧告を議論する専門家パネル。

これは、国連の歴史に向けて、都市研究コミュニティが主導する作業に基づいています。 ハビタットIII 2016年にキトで開催された都市に関する会議。ハビタットIIIで、コミュニティは都市の政策立案における科学のより強力な役割を主張しました。 彼らは、都市の研究コミュニティが 「グローバルな政策と効果的に相互作用するための、異種の、疎外された、そして準備が整っていない。」

これらの限界を是正し、都市に関するより統合された(学際的な)政策に関与した研究の開発を進めるために、 自然の持続可能性 -ネイチャーリサーチの新しい学際的ジャーナル-とユニバーシティカレッジロンドンのシティリーダーシップラボは、グローバルな持続可能性のための都市科学と政策のインターフェースに関する専門家パネルを設立しました。

パネルには、災害リスクに関する統合研究プログラム(IRDR)の科学委員会の議長であるShuaib Lwasa、IRDR科学委員会のメンバーであるMark Pelling、Yong-Guan Zhuなど、ICSUのプログラムとネットワークからの多数の専門家が含まれます。 ICSUを主催する都市環境研究所所長 都市の健康と福祉 プログラム、スーザン・パーネル、運営委員会の委員長 リラ2030 プログラム、およびICSUの健康と都市化の科学責任者であるCharlesEbikeme。

パネルの中心的な招集者は UCLシティリーダーシップラボラトリー、UCLの科学技術省、工学および公共政策(STEaPP)に拠点を置き、 自然の持続可能性。 パネルは、副プロヴォスト(研究)のUCLオフィスのサポートから恩恵を受けています。 持続可能な都市のUCLグランドチャレンジ、および国際科学会議(ICSU)とそのLIRAプログラム、 UCLの開発計画ユニット(DPU)、 そしてその プリンスオブウェールズの国際持続可能性ユニット.

ISCの取り組みの詳細をご覧ください 都市化。


コンテンツにスキップ