ユーザー登録

ボツワナのハボローネで国際データウィークが始まります

XNUMX週間にわたるイベントでは、有名なデータサイエンティスト、研究者、業界リーダー、政策立案者、起業家が一堂に会し、「グローバルサイエンスのデジタルフロンティア」をテーマに議論します。

ウェブテクノロジーが私たちの生活に大きな変化をもたらしているハイパーコネクテッドワールドでは、科学研究はかつてないほどデジタル化され、国際化されています。

本日ボツワナのハボローネで開催されるInternationalData Week 2018(IDW 2018)は、ボツワナ共和国大統領のモクウィツィ・マシシ博士によって正式に開会されました。

IDW 2018は、世界中のあらゆる分野のデータ専門家と研究者を集めて、データ主導のイノベーションを通じて知識を向上させ、社会に利益をもたらすためにデータ革命をどのように活用するのが最善かを探ります。 ボツワナオープンサイエンスおよびオープンデータフォーラムが主催するIDWは、研究データコミュニティの年12回の会議である第2018回研究データアライアンス(RDA)プレナリー会議と、研究におけるデータのフロンティアに取り組む科学会議であるSciDataConXNUMXを組み合わせたものです。

820日間で、約XNUMX人の参加者が集まり、次のようなトピックに焦点を当てて、科学とデータに関する豊富なディスカッションを行います。

  • グローバルおよびデジタル時代の研究課題
  • データ集約型研究のアプリケーション、進歩、および課題
  • データインフラストラクチャと、国際的および共同研究のための実践を可能にする

会議のハイライトは、いくつかのアフリカ諸国からの科学大臣によるハイレベルのパネルです。 会議の範囲は、自然科学、社会科学、人文科学、ビジネスおよび経営学の研究を含む、すべての研究分野を網羅しています。 同様に、研究以外のデータの適用も検討されます。

IDWはISCによって共催されています 世界データシステム(WDS)、ISC 科学技術データ委員会(CODATA) リサーチデータアライアンス(RDA), ボツワナ大学(UoB)南アフリカ科学アカデミー(ASSAf).

詳細については、IDW Webサイトを参照し、フォローしてください。 #IDW2018 Twitterで。


[関連項目 id=”5576,1444,1442”]

コンテンツにスキップ