ユーザー登録

ICSUの新しい世界データシステムの国際プログラムオフィスが開設されました

ICSUの新しい世界データシステム(WDS)の国際プログラムオフィスが9月XNUMX日水曜日に東京に正式に開設されました。

9年2012月XNUMX日、東京—本人の前で公式式典が行われました。 川端達夫日本総務大臣、李遠哲国際科学会議(ICSU)会長。 イベントに参加した他の高官は本人でした。 神本美恵子文部科学大臣、宮原秀夫、IPO主催の情報通信研究機構(NICT)所長、大西隆科学部長日本学術会議、およびICSUのエグゼクティブディレクターであるスティーブンウィルソン博士。

WDSインターナショナルプログラムオフィスは、WDSの設立と運営を管理および調整し、アウトリーチおよびプロモーション活動に責任を負います。 IPOは、科学データの問題に積極的に関与している一流の科学者で構成されるICSU世界データシステム科学委員会の指導の下で行動します。 WDSの最初の常務理事およびIPOの理事は、ムスタファ・モクラン博士です。

WDSは、ICSU世界データセンター(WDC)と天文地球物理データ分析サービス連盟(FAGS)の29年の遺産に基づいて、第50回ICSU総会の決定を通じて作成されました。 これは、新しいテクノロジーと新しい科学データ活動を組み込んだ、共通のグローバルに相互運用可能な分散データシステムの開発を目的としています。 このシステムは、国際的な科学コミュニティやその他の利害関係者の利益のために、学際的および学際的なアプリケーションを育成するために、データ管理コンポーネント間の高度な相互接続によって提供される可能性を構築しようとしています。

WDSデータの保持、WDSサービスの出力、およびWDSが提供する情報は、簡単に検索でき、すばやくアクセスでき、データおよびデータサービスの国内および国際標準を満たします。 WDSは、幅広い分野と地理的基盤を享受することであり、科学的データの管理と提供のための世界的な「卓越したコミュニティ」になることを目指しています。

「社会は、気候変動や持続可能な開発など、非常に複雑で相互に関連する問題の解決を支援するために、科学をますます求めています。 しかし、これには、データを含む科学自体がより統合され、グローバルになる必要がありました」とICSUのリー会長は述べています。相互運用可能なシステム。

ICSU World Data Systemの詳細については、http://www.icsu-wds.orgを参照してください。

メディアに関するお問い合わせ

Mustapha Mokrane、ICSU WDS IPOのエグゼクティブディレクター:+81 4 2327または+6004 81 90(モバイル)、mustapha.mokrane @ icsu-wds.org。

コンテンツにスキップ