ユーザー登録

1,000人以上の代表者がジュネーブに集まり、世界的な災害リスク軽減協定について話し合います

ICSUは、 第XNUMX回世界防災会議 17月18日から20日までジュネーブの国連で。 ICSUは、科学技術メジャーグループの組織パートナーとして、研究機関、ICSUのIRDRプログラム、ICSUの地域事務所、およびIAPなどのパートナー組織から選ばれたヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア、アフリカからのXNUMX人以上の代表団を招集しました。

XNUMX日間の会議の目的は、 災害リスク軽減のためのポスト2015フレームワークのゼロドラフト これは、2015年2014月に日本の仙台で開催されるWCDRRで承認される予定です。加盟国がゼロドラフトについて行ごとにコメントを提供する夜間セッションを含め、進展が見られましたが、フレームワークの前に2015年XNUMX月とXNUMX年XNUMX月に継続されます。確定することができます。

科学技術メジャーグループ 一連の入力を行いました 技術ワークショップでの声明と、フレームワークの実施において科学が行うことができる貢献、ポスト2015アジェンダとDRRの間のリンク、DRRと資金調達の統合に至るまでの問題に関する共同議長の対話を通じて。

加盟国は災害リスク軽減のための科学の重要性を認識しましたが、多くの国が国および地方レベルで科学を意思決定者と結びつけるのに苦労しているという合意がありました。

科学技術メジャーグループは、災害リスク軽減に関する証拠に基づく意思決定を実施するために、科学と政策立案者の間の幅広いパートナーシップを支援することにより、この課題に取り組むよう代表団に促した。

このようなパートナーシップは、利害関係者と共同設計および共同制作された実用的な研究の提供を強化し、政策立案者および実務家の作業をサポートできる科学的証拠を評価および統合し、進捗状況を監視するための方法論、基準、指標の開発を支援します。 DRRとレジリエンスの構築。

科学はまた、根底にある危険因子の理解を深める上で重要な役割を果たします。 科学技術メジャーグループは声明の中で、災害は自然災害によって引き起こされるのではなく、自然災害によって引き起こされることを認識するよう代表団に促した。

「リスクは開発プロセスに組み込まれているため、根本的な要因がわかったら、修正および将来の対策とアクションが必要です」と、ICSUラテンアメリカ地域事務所を代表するVirgina JimenezDiaz氏は述べています。

ウガンダのマケレレ大学のIRDR科学委員会のメンバーであるSchuaibLwasaは、科学技術メジャーグループは以下の自主的な取り組みを実施する準備ができていると述べました。

  • 政府のすべてのレベルで証拠に基づく意思決定のための科学的知識の使用を強化するために、より緊密なパートナーシップとより良いコミュニケーションを構築します。
  • 能力強化を支援するために従事する—カリキュラム改革、専門的訓練、および社会のすべてのセクターにわたる生涯学習を通じて、リスクリテラシーを構築し、前進させる。
  • 社会のセクター全体で、より効果的な監視とレビューのために、潜在的なリスク要因に関する知識を評価および前進させるための分析ツールを提供します。
  • 科学、技術、イノベーションのすべての分野にわたって助言能力を提供し、コミュニティ、利害関係者、政府と共同で、それらに関連する問題に対処します。
  • 関連するすべての関係者が関与する研究の共同設計のモデルを提案します(ただし、新しい形態の資金提供と学術的報酬システムも必要になります)。

災害リスク削減をポスト2015開発アジェンダに統合することについて、科学技術メジャーグループは、持続可能な開発目標のゼロドラフトには、災害リスクをカバーするいくつかの普遍的な目標が含まれていると述べました。 目標1、2、3、11、13、および実装手段に関連するサブターゲットは、災害リスク軽減科学の恩恵を受けるでしょう。

ゼロドラフトを完了するためのタイムラインの詳細は次のとおりです。 オンラインで利用可能.

コンテンツにスキップ