ユーザー登録

国際科学会議の開催:ICSU政策委員会からの勧告

ICSU Statute 5は、科学の自由で責任ある実践を表しており、移動と結社の自由も必要です。 これには、国際科学会議の主催者とスポンサー、および参加者の両方の権利と責任が伴います。

ICSU 科学の実施における自由と責任に関する委員会 (CFRS)は、問題を回避し、問題が発生した場合に前向きな解決の可能性を高めるために、このターゲットオーディエンスに対する推奨事項を最近作成しました。

国際科学会議とビザ

CFRSは、特にビザの問題が発生した場合に、困難を回避し、前向きな解決の可能性を高めるために、国際科学会議の主催者と参加者を支援するための推奨事項を作成しました。

このテーマに関する記事は、2004年にNatureのICSUオフィスベアラーによって公開されました。


ボイコットコール

適用する際に 普遍性の原則、ICSUは、たとえば、中東または北アフリカで開催された会議、またはその地域に焦点を当てた会議などに関するボイコットの呼びかけに反対しています。

CFRSの議長は、2009年と2007年にNatureへの貢献でこの問題に取り組みました。



セキュリティ審査

また、科学者の自由な移動に関連して、ICSUは、2009年にその会員および地域事務所に書面で、世界のさまざまな地域におけるセキュリティ審査手順の影響について懸念を表明しました。


コンテンツにスキップ