ユーザー登録

科学の自由に対する新たな脅威に対応して、ICSUは「科学の大学」へのコミットメントを改訂および再確認します

世界的な政治情勢の変化と国際テロへの懸念が科学の自由に新たな課題をもたらすことを警告し、国際科学評議会(ICSU)は本日、組織の基盤である科学の普遍性の原則に対する新たな幅広い取り組みを検討するようメンバーに促しました。

中国蘇州–原則への脅威に関する声明は、ICSUの科学行動の自由に関する常任委員会によって、中国の蘇州で開催されたICSU第28回総会に正式に発表されました。

「今日の環境におけるこの原則の関連性を強化する時が来たと思います」と、委員会のメンバーであり、 アカデミーと学会の国際人権ネットワーク、およびディレクター 全米アカデミーズ人権委員会.

「科学研究はかつてないほど社会と絡み合っており、その誤用の可能性はおそらく歴史上のどの時点よりも大きいことを私たちは理解しています」と彼女は付け加えました。 「しかし、安全保障や政治的懸念への対応が科学的調査への取り組みを弱めると、科学の進歩に深刻な結果をもたらす可能性があり、人間の福祉を促進する上での科学の役割を考えると、国内および国際的な社会的および経済的発展につながる可能性があることも理解する必要があります。同様に。"

普遍性の原則に関する委員会のレビューは、XNUMXつの異なる脅威を引用しています。 今日、結社の自由に対するより大きな制限があり、それが科学会議の移転またはキャンセルにつながっています。 また、国や科学機関に対する政治的動機によるボイコットや、雇用決定、機器や材料へのアクセス、科学出版などの問題に萎縮効果をもたらす新しいセキュリティポリシーなど、科学を追求する自由に対する制限も高まっています。

委員会によると、結社の自由を妨げることは、「インターネットの力でさえ個人的な交流や議論に取って代わることはできない」という「科学的努力の基本的な部分」であるため、科学を危険にさらす。 委員会は、「出生地、居住地または市民権、宗教、民族、科学的専門分野に基づくビザの制限と遅延が一部の国で増加している」ことを発見し、これまでの日常的な科学的集会を混乱させました。

一方、委員会は、さまざまな新しい状況が科学を追求する一般的な自由を妨げていることを観察しています。

委員会は、特定の科学者と科学機関が、「彼らがたまたま関連している国の政策について政治的声明を出すことだけを目的とした」ボイコットを一掃することによって今日敬遠されていることに留意する。 同時に、世界の一部の地域では、研究活動への報復としての「個々の科学者への迫害」(投獄と拷問を含む)は「基本的人権を侵害し続けている」。

委員会はまた、正当な懸念に駆り立てられたとしても、「普遍性の原則を損なう」ことになる制限を課したセキュリティの新たな強調を指摘している。 委員会によると、「これらの問題はしばしば複雑であり、面倒で時間のかかる新しい手順や規制、あるいは既存の規制の再解釈として現れる可能性があります」、とりわけ当局による検閲または「科学出版社。」

「それらは個々の科学者に影響を及ぼしますが、科学を追求する自由と国内および国際的な政策の義務との間の適切なバランスに関する慎重な判断を含む、より広範な政策への影響もあります。」

委員会は、ICSUが科学の普遍性の原則の言い換えを採用することを提案しました。これは、科学者が自分たちの権利を維持することを主張しながら自分たちの責任を認識することを強く求めるものです。 提案された言語は次のように宣言しています。

「この原則は、科学者の移動、関連付け、表現、コミュニケーションの自由、およびデータ、情報、研究資料への公平なアクセスを具体化しています。 科学者の権利と責任に関する目的を追求するにあたり、国際科学評議会(ICSU)はこの原則を積極的に支持し、そうすることで、民族的出身、宗教、市民権などの要因に基づく差別に反対します。言語、政治的立場、性別、性別、年齢。」


コンテンツにスキップ