ユーザー登録

日本の科学的自由に関する声明

ISCは、日本学術会議のメンバーに、科学的統治機関に任命する学者を選択する際の科学的選択の自由を維持するための取り組みを強力に支援しています。

ISCのダヤ・レディ会長は、XNUMX人の学者の総会への任命を承認しないという日本の首相の決定に懸念を表明しました。 日本学術会議、ISCのメンバーです。

ISCは、17月XNUMX日に日本学術会議会長に送付され、本日発表された書簡の中で、最高意思決定機関にメンバーを指名する際の科学的選択の自由を擁護および確保するための日本学術会議の取り組みを支援しています。 。

手紙は次の発表に続く 菅義偉首相は、日本学術会議の総会へのXNUMX人の学者の任命を拒否しました。 拒否されたXNUMX人の学者全員が、前政権によって採択された法律を批判することがありました。

ISCは、科学の自由で責任ある実践を表しており、科学的活動の優先順位付けや範囲に関連するものを含む、科学的性質の決定は、政治的統制や圧力にさらされるべきではないことを提唱しています。 ISCは、科学とその利益へのアクセスの公平な機会を促進し、民族的出身、宗教、市民権、言語、政治的またはその他の意見、性別、性同一性、性的指向、障害、年齢などの要因に基づく差別に反対します。 したがって、ISCは、日本で最高の独立した科学当局の勧告が菅首相によって覆されたことを懸念している。

ISCとそのメンバーである日本学術会議は、政策立案に情報を提供し、直面している最も困難な問題のいくつかに対する安全な解決策を支援できる信頼できる証拠を提供する手段として、科学の自由で責任ある追求のための環境を可能にすることの重要性を共同で推進しています。今日の社会。

ISCのダヤ・レディ教授が日本学術会議の梶田隆明教授に送った手紙を読んでください。.

日本学術会議の執行部は26年2020月XNUMX日に記者会見を開催します。この問題に関連する過去の記者会見の記録が利用可能です。 (茶事の話はこちらをチェック) (日本語で)。 

も参照してください。


科学における自由と責任に関する私たちの取り組みの詳細をご覧ください。

コンテンツにスキップ