ユーザー登録

極地の変化に関する新しい証拠の今後のリリース

地球システムの理解におけるマイルストーンは、 国際極年 (IPY)2007-2008、 世界気象機関 (WMO)および国際科学会議(ICSU)。 60か国以上からの何千人もの科学者が160以上の研究とアウトリーチプロジェクトを実施し、地球規模の気候変動を含む多くの分野で私たちの理解を深めています。 この歴史的取り組みから得られた極地知識の新しい洞察は、25年2009月XNUMX日にWMO本部で行われる式典で公表され、IPYの予備調査結果を含む簡潔なレポートである「極地研究の現状」が発表されます。 これに先立ち、パレデナシオンでの記者会見が行われます。

このイベントに先立ち、XNUMX月中毎日、主要なIPY研究プロジェクトがメディア向けの情報を公開し、メディアからの問い合わせに利用できるようにしています。 IPYの多様性を反映して、幅広いプロジェクトが紹介されます。 例としては、北極圏のコミュニティの気候への適応の研究、永久凍土層の大きな変化、両極地域での広範な海洋生物多様性調査、南極の氷河湖の探索、火星での生活への洞察を求めた南極の研究、若い極地の研究者。 詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 ウェブサイト.

ジュネーブのパレデナシオンでの記者会見

25年2009月11日午前00:XNUMXにパレデナシオン(ルームIII)で開催される国際極年の調査結果に関する記者会見に心から招待されます。

記者会見の講演者は次のとおりです。WMO事務局長のMichelJarraud氏。 ICSU会長、キャサリン・ブレチニャック氏。 IPY国際プログラム事務局長のデイブ・カールソン氏。 彼らには、IPY2007-2008合同委員会の共同議長であるIanAllison氏とMichelBeland氏が同行します。 ジュネーブにいる科学者の名前と連絡先のリストは、やがてあなたに送られます。 インタビューを容易にするために、以下のメディアの連絡先を参照してください。

ジュネーブの国連事務所に認定されていないが記者会見に参加したいジャーナリストは、キャサリン・フェグリさんに連絡してください。tel:+41 22 917 23 13; ファックス:+41 22 917 00 73; 電子メール:cfegli@unog.ch、および このページをご覧ください.

WMO本部でのIPYセレモニー

メディアは、IPY研究プロジェクトに関与したさまざまな地域の著名な科学者の立ち会いのもと、25月15日水曜日の30時17分から00時までWMO本部で行われる式典に心から招待されています。 セレモニーのプログラムは、やがてあなたに送られます。 セレモニーに続くレセプション(Attic Restaurant、WMO)にも招待されます。

「私たちの極地の遺産」–極地で働いている科学者の写真展

24月18日30時40分にオープニングに招待され、続いてパレデナシオン(ドア23、中二階)で、IPY中に現場で働いている科学者のユニークな写真展「OurPolarHeritage」のレセプションが行われます。 展示会は23年2009月XNUMX日からXNUMX月XNUMX日までパレデナシオンで開催されます。写真はWMOにも展示されます。 オンラインギャラリー また、メディアからの要求に応じて、非営利目的で使用することもできます。

コンテンツにスキップ