ユーザー登録

平和と開発のための世界科学デーは科学への権利を祝う

10月XNUMX日に開催される毎年恒例の平和と開発のための世界科学デーは、日常生活における科学の重要性と、科学に関連する現代の問題に広く一般の人々を巻き込む必要性を強調しています。

世界人権宣言70周年を記念して、2018年国際デーのテーマは「科学、人権」です。 持続可能な開発目標を達成するために必要な実用的な知識を生み出すための科学への多大な要求の時代に、科学と科学的証拠への信頼は、間違いなく誤った情報または「代替事実」の拡散によって損なわれてきました。 科学にアクセスして参加する人権とその利益は、かつてないほど重要になっています。

科学的知識、データ、専門知識にアクセスするための公平な機会を促進することは、世界の公共財としての科学の評議会のビジョンの中心であり、そのすべての活動に情報を提供します。 平和と開発のための世界科学デーは、今日の世界的な課題の中で科学に参加し、科学から利益を得る人権を再確認する機会を提供します。

この日を祝って、評議会の最高経営責任者であるハイデ・ハックマンが専門家のパネルに参加し、 パリのユネスコ本部で本日開催される円卓会議.

このイベントでは、科学にアクセスして参加するすべての人の権利、科学の進歩とその応用から利益を得るすべての人の権利など、科学に対する人権のさまざまな側面について検討します。 講演者は、科学とその製品の社会における可用性、アクセス可能性、品質、受容性、および科学に対する権利の正当性について話します。 科学を人権として推進するための今後の取り組みを先取りし、他の人権や重要な価値観など、科学に対する権利の限界を検討します。

ハイデハックマンは、オープンサイエンスに関するパネルディスカッションに貢献します。デジタル革命の文脈では、科学的能力をグローバルに開発することがますます重要であり、科学データの作成、保存、アクセスの方法、およびその対象者に大きな影響を及ぼします。

ユネスコでの祝賀会は、科学技術センター協会(ASTC)と協力して行われ、科学技術センター協会は、科学知識の共有における科学センターと博物館の役割を強調することで議論に貢献します。

[関連項目 id=”1343”]

コンテンツにスキップ