小谷元子

東北大学理事・副学長(研究担当)

ISC 次期会長 (2022 – 2024)

ISCフェロー

2022-2024年度財政常任委員会委員

2022-2024年度科学計画常任委員会委員

小谷元子は、東北大学研究担当副学長です。 彼女の興味は、数理物理学に関連する数学(幾何学的分析)にありました。 25年に「離散幾何学解析による結晶格子の研究」で第2005回猿橋賞を受賞。純粋な数学を学びながら、他の科学分野の研究者とのコミュニケーションにも積極的に取り組んでいます。 彼女は数学と材料科学をつなぐいくつかの大きな研究プロジェクトを主導してきました。 彼女は研究と経営の両方の経験と業績に基づいて、2012年に東北大学材料科学高等研究所の所長に任命されました。この研究所は200人の研究者を擁し、国家プログラム「世界プレミア国際研究センターイニシアチブ」の下で最初に設立されました。 2007年に。

小谷は以下の役職に就いています。

  • 東北大学:研究担当副学長(2020年2014月-)/副学長(2019-2011)/主任研究員(2012-)/所長(2019-2004)、先端材料研究所/教授(XNUMX-) 、数学研究所
  • 理研にて:常務理事(4年2017月〜3年2020月)

彼女の社会貢献はさまざまです:日本内閣府科学技術革新評議会執行委員(2014-)/沖縄科学技術大学院大学理事会委員(2014-)/数学協会会長日本の(2015-2016)、理事会メンバー(2008-2019)/いくつかの国立研究機関(国立先端産業科学技術研究所、国立情報通信研究所、国立情報通信技術研究所など)の諮問委員会のメンバー物質・材料研究機構)、理研


小谷元子の履歴書を読む

シェア:

コンテンツにスキップ