マリア・パラディソ

2021年から2024年までの理事会の正会員

Maria Paradisoは、ナポリ大学フェデリコXNUMX世大学の政治経済地理学の教授です。 IGU(国際地理学連合)のイタリア国内委員会の議長、CNR国立研究評議会のイタリア国内委員長および代表。 欧州アカデミー(ロンドン)の「モビリティ、ガバナンス、環境、宇宙」セクションの議長。

Paradisoは、国際地理学連合(IGU)委員会「MediterraneanBasin」の創設者兼議長を務めています。これは、IGUを地域に焦点を当てた最初の委員会です。

彼女は2012年までIGU委員会の「情報社会の地理学」の副議長を務め、2001年から学際的な視点で地理学のこの新しい研究分野の発展に国内外で貢献してきました。 彼女は、FP7 People Marie Curie IRSES MEDCHANGe – Euromediterranean change Relationship 612639、ヨーロッパ、北アフリカ、中東の9つの大学との研究とモビリティのEuromediterraneanパートナーシップのプライマリコーディネーターを務めています。

Paradisoは、ボルドーモンターニュ大学、レキシントン大学、ソルボンヌパリ、トゥールーズ大学、ルアーブル、ソウル国立大学、東京大学、 Waseda、アンカラ大学、イスタンブール、Hassan II Mohammed Casablanca、Cadi Ayyad Marrakesh、CERES Tunis、イスラエル科学アカデミー、ケープタウン大学。 彼女は多くの国際的および国内の科学および助成団体からの支援を受けました。

昨年の彼女の主な関心は、地中海中を移動する人々の物語を通しての地中海の関係の変化の探求と、文化的対話と人間開発のより良い理解でした。 現在、彼女は海洋研究(社会的空間としての海と海)における協力と新たな取り組みを開始しており、インターネット時代の人間の生活を探求する科学的活動を続けています。 マリアは、世界中のより公平な社会に向けた科学の取り組みのための方法論と実践を開発するための協力に興味を持っています。


シェア:

コンテンツにスキップ