白波瀬佐和子

東京大学大学院人文社会系研究科教授、ISC財務担当副学長(2022年~2024年)

ISC の科学の自由と責任委員会の元メンバー (2019-2021)

2022-2024年度財政常任委員会委員

ISCフェロー

白波瀬佐和子は、東京大学大学院人文社会学研究科社会学教授です。 彼女は1997年にオックスフォード大学で社会学の博士号を取得し、2006年に東京大学に入学しました。2010年に社会学部の教授になりました。2018年に東京大学の副学長を務めました。 2019年から2021年まで大学の国際問題担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めました。現在、東京大学現代日本研究センターの所長を務めています。彼女は、特に初期のキャリアのために、グローバルな学術ネットワークとコラボレーションを促進するために2020年に設立しました。研究者と学生。

彼女の主な研究トピックには、社会階層と不平等、人口転換、ジェンダーと家族、そして国を超えた視点での社会保障制度が含まれます。 彼女は現在、比較福祉国家理論の枠組みの中で生計の安全を提供する上での公的および私的移転の役割に焦点を当て、包括的な未来を構築する方法に取り組んでいます。 彼女は主任研究者としていくつかの大規模で長期的な研究プロジェクトを実行し、これらの問題に関するいくつかの本や記事を出版しています。

白瀬は、2019年XNUMX月から国際学術会議の科学の自由と責任に関する委員会(CFRS)のメンバーを務めています。彼女は、ISCメンバーの財務およびメンバーシップ担当副社長です。 国際社会学会ISC (2018-2022)、日本家族社会学会理事。


白波瀬佐和子は、東京大学大学院人文社会学研究科社会学教授である。彼女は1997年にオックスフォード大学で社会学の博士号を取得した。2006 年から東京大学に着任し、2010年に同研究科・教授(社会学)になりました。2018 年に東京大学の国際担当副学長を務め、2019年から2021年まで国際担当理事·副学長を務めました。現在、東京大学現代日本研究センター(TCJS)所長を務めている。同センターは、日本に関連した社会科学的アプローチ研究を中心に人文学を含む日本に関する研究を比較の観点からも支援し、国外に発信することを主な目的とする。特に、若手研究者育成も重要な本センターの重要な柱としており、グローバルな学術ネットワークとの連携促進を目的に、2020 年に設立されました。

白波瀬氏の主な研究トピックには、社会的評価と不平等、人口転換、ジェンダーと家族、そして社会保障制度を含む福祉国家の国際比較研究、である。て、公告・/私的移転の程度や支給パタ―ンに目を向けて、包摂的社会の実現に向けた政策研究に進んでいる。研究プロジェクトを企画・運営し、それらの成果として書籍や論文を刊行している。

白波瀬氏は、2018年からの4年間、国際社会学会副会長を務め、2021年以来、国際学術会議の財務担当副会長である。

シェア:

コンテンツにスキップ