ユーザー登録

スーザン・パーネル教授

研究教授

ブリストル大学

ISCへの関与

経歴

スーザン・パーネルは、ブリストル大学地理学部の地球規模の課題研究教授であり、ケープタウン大学のアフリカ都市センター(ACC)の名誉教授です。

彼女はこれまで、ウィッツ大学およびロンドン大学 (SOAS) で学術職を務めてきました。2011/2 年に UCL の Leverhulme 客員教授、2014/15 年にユニバーシティ カレッジ ロンドンの Emeka Anyaoku 客員教授、2017/18 年に LSE Cities の客員教授を務めました。

彼女は、2030 年の持続可能な開発目標をめぐる地方、国内、世界規模の都市政策の議論に積極的に関与しており、都市に関する科学政策の関与の改善を主張しています。

彼女は、過去と現在の都市が政策変更にどのように対応しているかを記録した査読済みの出版物を多数執筆しています。最近の著書には、共著の『Building a Capable State: Post Apartheid Service Delivery』(Zed、2017 年)と共編著の『The Urban Planet』(ケンブリッジ、2018 年)があります。

スーは現在、国際環境開発研究所 (IIED) の理事を務めており、アフリカ都市センター諮問委員会のメンバーも務めています。また、以前はいくつかの NGO 組織で活動していました。

情報源: アフリカの都市センター


このページは2024年XNUMX月に更新されました。

コンテンツにスキップ