グローバル公共財としての科学

国際学術会議のポジションペーパー

グローバル公共財ヘッダー画像

国際学術会議(ISC)は、世界の公共財としての科学のビジョンに取り組んでいます。 このビジョンは、科学が実施および使用される方法、および科学が社会で果たす役割に深い影響を及ぼします。

このISCポジションペーパーでは、これらの影響を検討し、それらが科学者の責任に個別におよび集合的にどのように影響するか、そして科学が実践されるさまざまな状況でどのように適用されるかを探ります。

グローバル公共財としての科学

グローバル公共財としての科学は、次の言語で利用できます。

ISCがこの重要な文書を他の言語に翻訳して、科学を世界の公共財として前進させるというビジョンを推進するのを支援したい場合は、に連絡してください。 secretariat@council.science

謝辞: ISCは、日本学術会議、コロンビアのISCラテンアメリカおよびカリブ海地域のフォーカルポイント、および翻訳を支援してくれたナタリアタラソワに感謝します。

シェア:

コンテンツにスキップ