変化する都市環境における健康と福祉に関する科学計画–ICSUアジア太平洋地域事務所

ICSUアジア太平洋地域事務所の変化する都市環境における健康と福祉に関する科学計画。

はじめに

アジア太平洋地域は実質的に都市部であり、人口の45%が現在都市部に居住しています。 都市化は急速に進んでおり、毎年40万人以上が追加されています。 さらに、これらの人々の50%は25歳未満です。

この地域は、感染症と収入の増加に伴う新たな生活習慣病の二重の負担に直面しています。 都市でのより大きな機会の約束は、人々の願望の変化を伴います。 政策立案者は、改善された環境セーフガードを備えた開発活動を計画する際に、人々の高まる物質的な願望を考慮に入れる必要があります。 科学者は、この意思決定に情報を提供するための新しい知識の開発において重要な役割を果たします。 完全な幸福には、複数の決定要因の複雑な相互作用が含まれ、システムアプローチは、これらの決定要因間の相互作用の理解を向上させ、実用的なアプローチを提案することができます。 この地域の国々は、先進国(オーストラリア、日本、韓国など)から新興国(中国、インドなど)、低所得国まで多岐にわたります。 この地域には、君主制、社会主義政権、民主主義など、さまざまな統治システムもあります。 これを複雑な分析を行うためのさまざまな専門知識と組み合わせると、全体的な幸福に関与する複雑な相互作用を理解するためのアプローチは、地域全体で異なるはずであることがわかります。


コンテンツにスキップ