ISCの組織の持続可能性の原則

2030アジェンダの信頼できるチャンピオンになるために、ISCは環境への自身の影響を認識し、責任を負い、内部およびメンバーと外部パートナーの両方との働き方に持続可能性の原則を統合します。

ISCは、より持続可能な組織政策の提唱者となることを目指しています。
実践し、個人や他の組織が、持続可能性への迅速かつ公正な変革を達成するために、現在の世界的な野心に見合った方法で自分の目的と実践を適応させることを奨励します。

シェア:

コンテンツにスキップ