IPBESレビュー

評議会は現在、生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)のレビューを管理しています。 このレビューは、7年29月4日から2019月XNUMX日までフランスのパリで開催されるIPBESの第XNUMX回総会に報告されます。

IPBESの外部レビューは、6年の開始以来のIPBESの進捗状況を調査するために、17年24月2018日から2012日にコロンビアのメデジンで開催されたIPBESの第XNUMX回プレナリー中に委託されました。

世界 生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES) 「生物多様性の保全と持続可能な利用、長期的な人間の幸福と持続可能な開発のための生物多様性と生態系サービスのための科学政策インターフェースを強化する」ために設立されました。

2018年XNUMX月にIPBES局によって国際審査委員会が選出され、メンバーの完全なリストを以下に示します。 国際科学会議(現在は国際科学会議)が、関心表明の公募に続いてレビューを調整するために選ばれました。 レビューを調整するチームは、外部コンサルタントのZendaOfirとMelodyMetz、および評議会事務局のNoraPappとLizzieSayerの支援を受けて、Anne-SophieStevanceが主導します。

外部レビューでは、プラットフォームのXNUMXつの機能に関する科学政策インターフェースとしてのIPBESの有効性を評価します。

  • 生物多様性と生態系サービスに関する知識の状態をレビューする科学的評価。
  • ポリシーサポート;
  • 能力開発と新しい知識の触媒、そして
  • コミュニケーションとアウトリーチ。

このレビューは、IPBESの次の作業プログラムの開発の基礎として使用され、最初のIPBES作業プログラム(2014年から2018年)の実施から学んだ教訓が含まれます。 IPBESがXNUMXつの機能の実装を強化し、最終的には科学政策インターフェースとしての有効性を向上させることができる推奨事項を提供します。


外部レビューパネルのメンバー

お名前所属
セリム・ルアフィ氏フランス、モンペリエ、CIRAD、生物システム学部上級研究員
小坂亮さん東北大学大学院環境科学研究科教授、仙台、日本
ピーター・ブリッジウォーター氏(共同議長)オーストラリア、キャンベラのキャンベラ大学応用生態学研究所およびガバナンスおよび政策分析研究所の非常勤教授
マリーナロサレスベニテスさん(共同議長)Universidad Nacional Federico Villarreal、リマ、ペルー
カレン・ジェンデレディジャン氏コンサルタント、エレバン、アルメニア
カルパナ・ラリトクマール・チャウダリさんインド、ムンバイの持続可能な開発と研究研究所(ISDR)の副社長
カレマニ・ジョセフ・ムロンゴイ氏カナダ、モントリオールのInstitute for Enhanced LivelihoodsIncの共同創設者兼社長
ダグラスビアード氏アメリカ合衆国、バージニア州レストン、米国地質調査所、気候および土地利用ミッションエリア、アソシエイトディレクター代理
アルバート・S・ファン・ジャースフェルド氏南アフリカ、ダーバンのクワズルナタール大学副学長
ニコラス・キング氏独立コンサルタント、南アフリカ、ケープタウン


シェア:

コンテンツにスキップ