歴史:ICSUと気候変動

1950年代以来、国際科学会議(ICSU)は、主に国内レベルで行われる研究を方向付け、補完するメカニズムを生み出すことにより、国際レベルでの気候科学の発展において先駆的な役割を果たしてきました。

ここ数十年で、気候科学は、政府間レベルでの協力と相まって、前例のない規模での研究者間の国際協力を必要としてきました。 ICSUの貢献は、科学的問題を定義し、研究の優先順位に関するコンセンサスを促進し、研究を支えてきたコラボレーションを召集するために重要でした。 並行して、ICSUはまた、画期的な気候研究のメカニズムを開始および支援し、場合によっては政策立案者に到達し、政策開発に重要な変化をもたらすように精力的に取り組んできました。

1950年代半ばまで、気候に関心のあるさまざまな分野の科学者間の国際協力は非常に限られていました。 この協力を拡大する機会は、ICSUが開始したもので現れました 国際地球物理年 (IGY)1957 – 58年、60か国以上の科学者が集まり、地球物理現象の一連の協調観測に参加しました。 温室効果ガスはその主要な優先事項ではありませんでしたが、IGYは大気中の二酸化炭素(CO2)の体系的な測定を開始するための資金を提供しました。 この作業は、ハワイのマウナロアにある基地でチャールズデービッドキーリングによって行われました。 1961年、キーリングは、「キーリング曲線」として知られるようになった場所で二酸化炭素レベルが着実に上昇していることを示すデータを作成しました。

IGYの成功に続いて、国連総会は正式にICSUに 世界気象機関 (WMO)大気科学の研究プログラムの開発。 ICSUとWMOは、1967年に地球大気開発計画(GARP)となる新しい研究プログラムを計画する委員会を任命しました。目標は、大気の予測可能性を理解し、毎日の天気予報の期間をXNUMX週間以上に延長することでした。

GARPの主な成果の1970つは、地球を継続的にグローバルに観測するための衛星と、地球の大気循環をモデル化するためのコンピューターを使用して実行できる新しい科学の早期認識でした。 1974年代には、いくつかの先見の明のある共同実験と結果、特に1979年のGARP大西洋熱帯実験(GATE)が作成されました。GATEは、熱帯気象システムの編成方法と、全体的な熱帯循環および表面の変動との関連について新しい洞察を提供しました。海の温度と他の特性。 大西洋熱帯実験は140年に大成功を収めた世界気象実験につながり、XNUMXか国以上が参加し、WMOの運用中の世界気象監視の再設計の科学的基盤を築きました。 GARPは、他のいくつかのイニシアチブとともに、気候科学アジェンダの開発を推進しました。

1978年、ICSU、WMO、 国連環境計画 (UNEP)は、ウィーン近郊のラクセンブルクで気候問題に関する国際ワークショップを開催し、参加者は先駆的な計画を立てました。 世界気候会議 彼らの組織形態は非常に重要であり、その後の多くの取り組みの基準を設定しました。 参加は招待によるもので、ほとんどが科学者と一部の政府関係者でした。 会議の主催者は、気候科学の状態を調査する一連のレビューペーパーを委託しました。 これらは回覧され、議論され、改訂されました。 その後、1979年に300か国以上から50人以上の専門家がジュネーブに来て、科学的証拠を調べ、地球の気候に対する大気中のCO1979レベルの長期的な重要性を確認し、それ自体で気候プログラムの確立を求めました。

WMOの政府代表とICSUの科学的リーダーシップはアドバイスに留意し、1979年に世界気候計画(WCP)を開始しました。 世界気候研究プログラム (WCRP)、GARPの後継者。 WCRPには、気候をどこまで予測できるか、そして気候に対する人間の影響の程度を決定するという幅広い目的があります。

何十年にもわたって、WCRPは国際的かつ学際的な研究の画期的なプログラムを確立し、気候科学にいくつかの大きな進歩をもたらしました。 注目すべき成果には、エルニーニョ現象を理解および予測するための物理的基盤の確立、研究および国際評価の基盤としての改善された気候モデル、包括的なフィールド測定、および主要な気候プロセスの理解の向上につながる地域および世界の観測気候データセットの開発が含まれます。 。

1985年、ICSUは、WMOおよびUNEPとともに、フィラッハ(オーストリア)で「気候変動および関連する影響における二酸化炭素およびその他の温室効果ガスの役割の評価」に関する主要な会議を開催しました。 この会議の科学者たちは、温室効果ガスが地球を数度暖め、深刻な結果をもたらす可能性があることに同意しました。 このグループの科学的発見は、ICSUが開始した環境問題に関する科学委員会(SCOPE)によって、「温室効果、気候変動、および生態系」という独創的なレポートにまとめられました。 これは、大気中の温室効果ガスの環境への影響に関する最初の包括的な国際的評価でした。 SCOPEレポートは、Villach会議とともに、CO2の倍増の結果として「実質的な温暖化」が発生することを最初に述べ、CO2の増加は「人間の活動に起因する」と述べ、さまざまな具体的な政策措置、および気候変動の問題に関する国際協力に向けたより重要なステップを促すために、政府に対し、将来の気候変動は、化石燃料の使用、エネルギー節約、および温室効果ガス排出に関する政策への注意によって引き起こされる可能性があることを認識するよう求めます。 報告書は、政府に対し、過度の地球温暖化を防ぐための「地球規模の条約」でさえ、前向きな行動を検討するよう求めた。 要するに、気候科学はもはや科学者だけの問題ではありませんでした。 SCOPE報告書はまた、地球の気候を保護するための行動に関する1987年のブルントラント報告書「私たちの共通の未来」の勧告を形作った。

フィラッハ会議は、ICSU、WMO、およびUNEPに、温室効果ガスに関するタスクフォースを設立し、定期的な科学的評価が確実に行われるようにすることを求めました。 これにより、ICSU / WMO / UNEPによって任命された温室効果ガスに関する諮問グループ(AGGG)が設立されました。 このグループは国際ワークショップを開催し、新たな気候科学の政策的含意に関するいくつかの報告書を作成しました。

AGGGは、気候変動に関する政府間パネルの前身と見なすことができます。 政策立案者は、科学的発見の深刻な長期的影響を理解し始めており、AGGGは、各国によって任命された代表者の直接の管理下にある新しい独立した公式グループに取って代わられる必要があると結論付けました。 この要請に応えて、WMOとUNEPは1988年に共同で気候変動に関する政府間パネル(IPCC)を設立し、政府の目的で科学を定期的に入手し、人為的な気候変動に対応するための選択肢を検討する任務を負った。 IPCCの創設は、国際レベルで必要な科学と政策の相互作用をより焦点を絞って、より調整された調査を行うための制度的基盤を提供しました。 AGGGのメンバーであり、SCOPEレポートの著者であったバート・ボリンが、最初のIPCC議長に任命されました。

1980年代を通じて、気候変動はより大きな現象の一部であるという証拠が増えました。地球変動は、さらに広い科学的見解を必要とし、地球物理学、化学、生物学の間のつながりを構築する必要があります。 この認識は、最終的にICSUが後援する立ち上げにつながりました 国際地圏、生物圏計画 (IGBP)1986年のICSU総会で。IGBPは、地球を世界的に相互作用する現象のシステムとして扱い、このシステムを制御する物理的、化学的、生物学的プロセス、これらのプロセスに発生する変化、およびこれらの変化における人間の活動。

WCRPの創設につながった1979年の会議の成功の続編として、ICSUとWMOは、1990年XNUMX月にジュネーブで第XNUMX回世界気候会議を後援しました。この会議は、気候変動の現実を認識する上でのさらなるマイルストーンでした。 IPCCから第XNUMX次評価報告書を受け取りました。 世界の気候変動の予測を改善するための科学的行動計画に関する重要な章が、WCRPとIGBPの議長によって共同執筆されました。

IPCCの発行 最初の評価報告書 1990年、政府は、リオデジャネイロで開催された1992年の国連環境開発会議(UNCED)(別名「地球サミット」)で署名の準備ができた国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の交渉に拍車をかけました。 。

IPCC 第二次評価レポート 1995年には、採択に向けて交渉担当者が利用した重要な資料が提供されました。 京都議定書 WCRPとIGBPは、IPCCによって評価された研究を調整する上で重要な役割を果たしました。

このテキストは、以下からダウンロードできるパンフレット「国際科学会議と気候変動:気候変動研究と情報提供政策を促進する60年」から抜粋したものです。


シェア:

コンテンツにスキップ